2017年 02月 25日 ( 1 )

バリ島・ウブド

私の「HOT」なモノ・コトランキング


バリ島のウブドです。
ウブドは、ビーチではなくて、島の内陸部、日本で言えば軽井沢のような
避暑地です。
初めて訪れたのは、2000年以前だったと思います、当時は、まだまだ
自然がいっぱいで、カエルと鶏の合唱で、夜は眠れないと感じました。
でも、一日で慣れました。
今では、観光客がとんでもなく増えて、原宿のような混み合いで、渋滞も
凄いです。

何回目かのウブド、アユン川渓谷を見下ろす、チャハヤデワタカントリービラに
宿泊しました。
景色が素晴らしかったのですが、団体のランチに使われるように
なり、喧噪のホテルに変貌してしまいました、後日倒産してしまったのです。

エントランスです。

e0367330_618732.jpg


倒産後に、管理をしている警備の方に許可をいただいて撮影をさせてもらいました。
「兵たちの夢の後」です。

e0367330_6201339.jpg


アユン川の景色をどうそ。

e0367330_6213032.jpg


ラフティングも見えますよ。

e0367330_622482.jpg


ここまでは、ウブドの中心部のホテルに宿泊して、コンデジを抱えて走っての撮影です。
次は、このホテルに宿泊して、渓谷まで下りて行ったときのフィルム撮影です。
川には、竹の橋が架かっていました、有料のようでした。
右端の方が番人でしょう、黒い料金表がありますね。

アユン川渓谷は、当時は、最高級ホテルのアマンダダリ、クプクプバロンとチャハヤデワタと
あと、もう少ししか、ありませんでした。
フォーシーズン、カユマニス、プリウランダリ、ヴァイスロイ、リヤルピタマハ、コマネカタンガユダも
みんなありませんでした。近年、さらに凄い施設のホテルが乱立してきました。
どこまで観光化が進むのか、心配になります。
ウブドの中心部でも。安い食べ物屋さんは郊外に追いやられ、近代ビルが建てられ、
昔の景色はどんどんなくなっています。
良い時期に通えて幸せだと思っています。

e0367330_6245221.jpg


バリ島は、最後の神の島、一年中どこかでお祭りが行われています。
生活の中心は仕事ではなく、お祭りなんです。
昼も夜も行われています。

e0367330_627448.jpg


e0367330_6272427.jpg


朝ご飯は、ブブルアヤム(ブブルはお粥、アヤムは鶏です。)が、お腹に優しいですね、
写真は、後年に一度だけ泊まった、超超超人気で、なかなか予約が取れない、
ソイソース(日本の醤油とほぼ同じ)に、唐辛子のみじん切りで辛くしたものをかけて
食べると、バグースです。
ウブドの南部・プンゴセカンのテガルサリの物です。
一度だけ、カテゴリーの一番下の部屋に泊まれたんですが、ウブド滞在全部でなくて
向かいのカキアンバンガローと半分半分になってしまいました。
最近は、カキアンばかりです。

e0367330_6304529.jpg


バリのビールと言えば、ビンタンです、これがたまらないんだニャ、コスコスしちゃうニャ!

e0367330_6321278.jpg


最後の海は、トランバンです。
よ~~~く見てくださいね、左上に、カニダマシがいます、鋏で威嚇しているように
見えます、真ん中のウミタケハゼの仲間が怒っていますよ。

e0367330_6344314.jpg


バリ島の写真は、とんでもないくらいあるんですが、かなりがボジフィルムです。
スキャニングをしてデジタルデータ化をしたのですが、HDDが壊れて昔のデータは
残っていません、再度スキャニングをすれば良いのですが、気力がありません。

バリ島、いつになっても、アラックの夢です。
バリ島の、ン・グラライ空港に着陸すると、「また来ました。」ではなくて、
「帰って来ました。」と、バリ島の神様に報告をするんです。

[PR]
by umi_bari | 2017-02-25 06:37 | 自然 | Trackback | Comments(72)