注連縄切り

私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


7月に訪れた祇園祭の最終回です。
長いのですが、見てくださいね。

画像をクリックして頂けたなら、もう少し大きい画像になりますので、やってみて
くださいね。

今回も、予約投稿です。

祇園祭は八坂神社さんのお祭りで、7月いっぱい行われますが、一番のメインは
山鉾巡行です、前祭と後祭の両方で行われますが、巡行の初めは、前祭の
先頭をを行く、長刀鉾の注連縄切りで始まります。

まずは、山崎町の皆さんの注連縄張りから始まります。

e0367330_20485415.jpg


e0367330_2049949.jpg


役員の皆さんの挨拶です。

e0367330_20494369.jpg


先頭に、祇園會(祇園祭)の幟が来ます。
報道の皆さんはいっぱいです。

e0367330_20505655.jpg


長刀鉾の幟が来ました。

e0367330_20521987.jpg


いよいよ、長刀鉾が来ます。

e0367330_20525855.jpg


麩屋町通りまで来て、止まって、いよいよ、注連縄切りになります。

e0367330_20541363.jpg


e0367330_20573941.jpg


注連縄を切る、お稚児さんが、補佐をする、二人の禿さんを左右に従えて、いよいよ
刀を抜きました。

e0367330_211423.jpg


両手を大きく広げます。

e0367330_2123650.jpg


刀を左右に振ります。

e0367330_2135053.jpg


そして、注連縄を切った瞬間です。

e0367330_2145422.jpg


刀を鞘に収めます。

e0367330_2154587.jpg


無事大役を終えた、お稚児さんと禿さんの、お母様達は、安堵の涙を流していました。

e0367330_2173298.jpg


いよいよ、これで、八坂神社さんの聖域と山鉾の民の境界を切る、儀式が終わって、
山鉾の巡行が始まります。

e0367330_2192222.jpg


e0367330_2193979.jpg


e0367330_2195697.jpg


e0367330_21104071.jpg


長刀鉾の後ろの飾りを撮影して、アラックも、緊張がほぐれました。

e0367330_21114423.jpg


この後、以前に投稿しましたが、長刀鉾に続いて、残り22機の山鉾が巡行していきます。
8月7日の投稿を見てくださいね。

昨年は、長刀鉾から、4機くらいの山鉾の巡行を見て、帰ってしまいましたが、今年は
全部撮影出来ました。
通りを直角に曲がる、辻回しは、今年も見られませんでしたが、大満足の、祇園祭、
前祭の山鉾巡行に行けたことに感謝ばかりです。

次に、巡行が休みと重なるのは、2022年だそうです。

さて、海なんですが、長刀鉾の注連縄を切る、お稚児さんと補佐をする禿さんの
三人を意識して探しました。

バリ島の北東から、1時間ほどボートで行く、ムンジャガン島での撮影です。
ダイバーがお昼を食べるために、船付けをする、ポス1というポイントの桟橋です。
桟橋に、いつも、この子達がいるんですよ。

e0367330_21261643.jpg


ミカズキツバメウオの若魚です、小学生くらいでしょうか。
もちろん、フィルム撮影です。
タンクを背負ってのダイビングで撮影したのではなく、お昼の休憩に、シュノーケリングで
撮りました。

皆さん、アラック、しばらくは、遠征は出来ないと思います。
近くだけの撮影になります、庭だけになるかもしれません。

どこにも、行けない事も、今後多いと思います、昔の想い出を投稿することがいっぱいに
なってしまいますが、お許しください。

では、皆さんの傑作を楽しみにしていますね。
[PR]
by umi_bari | 2017-09-27 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(52)

宇治平等院

今年の祇園祭の報告をもう一回したいのですが、写真の整理が
出来ないので、待っていてくださいね。

昨日は、昔の、ナイキにエアーマックスを処分しようと、ブックオフに
行ったんです、査定は0円でした。
なので、別のリサイクルショップへ行ったら、2000円になりました。
有り難かったのですが、往復歩いて二時間かけたら、傷めていた脚が
かなり悪化してしまいました。
約二週間で、全く治っていないとは、さすがに歳を感じました。

今日の投稿は、宇治の平等院さんです。
平成の大修復の前の、昔の色をどうしても撮りたかったので、行ってきました。
2012年8月末の日帰りです。

先ずは、鳳凰堂を右から見てみましょう。

e0367330_2065352.jpg


正面から、10円玉図柄を見たいですね、人が入らないように、池ギリギリまで
よると、アラックの持っているレンズでは、左右が切れてしまうんですよ。

e0367330_2084711.jpg


鳳凰堂のご本尊さんの、阿弥陀如来さんも、やっぱり撮りたいですね。

e0367330_20105245.jpg


左からも見てみましょう。

e0367330_20113036.jpg


この時期は、百日紅が有り難いですね。

平成の長い大修復を終えての平等院を見に行きました。
2014年9月中旬です。
平等院の朱色が違うのが分かりますか、予想では、もっともと派手な色になるかと
思いましたが、割と地味な色彩に仕上げていたとの印象を受けました。
この時は、さらに人出が多かったので真正面までも行っての撮影が出来ませんでした。

e0367330_2017416.jpg


阿弥陀如来さんをアップで見ても、鳳凰堂が綺麗になっているのが分かりますね。
(一部は、漆を塗り直さないで、昔の柱の姿を残しているんですね。)

e0367330_21141460.jpg


e0367330_20175995.jpg


9月でも、百日紅が綺麗でしたよ。

e0367330_2019034.jpg


2014年は、珍しく、二泊出来ましたので、昼食を2回食べることが出来ました。
アラックにしては、昼食をお店で食べるのは珍しいんですよ。

錦市場の少し西にある、磯の力さんです。

e0367330_20225913.jpg


左手前の、昆布の佃煮は食べ放題なんですよ。
ほんの少しですが、鱧梅肉があるのが京都の心意気ですね。

e0367330_2024049.jpg


東大路通と泉涌寺道の交差点にある、祭さんです。

e0367330_20262980.jpg


京のおばんざいのお店なんですが、行ったのが、ランチも最後の時間で、
その日のおばんざいが、結構無くなっていたらしくて、残っていた物を通常以上に
出してくれたんですよ。

e0367330_20282030.jpg


アラック、最低でも、来年の春までは、どこへも撮影は行けない状況になってしまいました。
でも、交通費を使わない近所での撮影が出来ればと思っています。
しばらくは、想い出写真を見ていただければ、有り難いです。

海ですが、平等院さんの、侘び寂びの世界を探してみました。
(わびさびの漢字は、これで正しいのでしょうかね。)

東伊豆の川奈での撮影です。

e0367330_20331084.jpg


どうですか、ヒメコウイカなんですが、この色、改修前の平等院鳳凰堂の色に
似ていませんか。

皆さん、怪我や病気には気を付けてくださいね。

脚が痛いと、PCの前に座るのも厳しいんです。
やっぱり、皆様のところへの訪問はゆっくりになります。
コメントへの返信も遅れます。
ご免なさいね。

アラックの投稿も、三日おきの間隔も厳しくなるかもしれません。
[PR]
by umi_bari | 2017-09-10 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(58)

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

祇園祭りに戻ります。
今日は、もう一つの祇園祭の山鉾巡行です。

朝の8:15頃から、四条通の信号機の方向が変えられます。
手慣れたものですね。

e0367330_16591973.jpg


山補巡行の始まりが、長刀鉾の、注連縄切りですが、注連縄を結ぶ、
高い竹を建てるのが、高橋町の方々です、朝の四時過ぎから始まるそうです。
斎竹(さいりん)と言うそうです。
高橋町の皆さんです。

e0367330_1724376.jpg


8:54、注連縄張りが行われます。
いよいよ、始まりますよ。

e0367330_1763273.jpg


報道陣もどんどん集まってきますが、これだけの取材班が必要なのでしょうかね。
テレビも新聞社もスチールカメラもビデオカメラも合同にして、同じ物を使えば良いと思うんですがね。
一般客の撮影の立場からすると、滅茶苦茶邪魔です。
でも、公式の許可を得てでの撮影ですから、とびっきりの場所からの撮影が出来ますね。

e0367330_17501.jpg


長刀鉾の、お稚児さんと補佐役となる二人の禿さんのお母様達です。
一生に一度、注連縄切りの大役を果たしたのを見届けて、涙を流していらっしゃいました。
感慨深いと思います。
驚いた話しがあります。隣で撮影していた方に教えてもらったんですが、長刀鉾の
お稚児さん、費用は、祇園祭側から出されると思っていたら、お稚児さんの家族が
費用を払うそうです、その費用は、2000千万円も掛かるそうです。
(お稚児さん本人の羽織、着物、袴といった衣装代、お稚児さん本人と同様に父母の着物代、
祇園祭への寄付金、お祝いにくる来客へのもてなしのための費用etc
費用は、お稚児さんと禿さんの三家族で負担するようです。)
家で、調べたところ、細かく解説されていました、歴代のお稚児さんも分かるんですよ。
インターネットの世界は凄いですね。
ちなみに、綾傘鉾のお稚児さんの、申し込みに掛かる費用は21万円で、公募だそうです。
(総計 210,000円【内訳】 ①結納金150,000円 ②父兄支度金 50,000円(衣装代含む) ③後援会年会費 10,000円(1口))
e0367330_17122813.jpg


高橋町の皆さんです。
函谷鉾の幟の後ろに見える大きな竹が、四条麩屋町に建てられた、斎竹です。

e0367330_17134662.jpg


e0367330_1714532.jpg


高橋町の、報道(記録)のお嬢さんです。
頑張って撮っていらっしゃいました、アラックもこの位置で撮りたかったですね、
まあ、それは反則ですから、歩道から撮りましたよ。
SONYのミラーレスカメラですが電子式のファインダー付きですが、カメラ背面の
液晶を見て、撮影されていました。
アラックは、フィルム一眼の癖で、ファインダーを覗かないと駄目なんですよ。
今回、四条通の北側で撮影をしましたが、正直、この位置では、高橋町の方々が
山鉾の撮影には邪魔になります(すいません)。
山鉾だけを撮影するなら、四条通の南側が良いと思います。
でも、注連縄切りを撮影して、新町御池での辻回しや、新町通での、舞妓さんの
様子も撮りたいなら、アラックが今年に位置した北側になりますね。

e0367330_17161149.jpg


山鉾巡行の皆さんの様子も、少し撮りました。

四条傘鉾の皆さんです。

e0367330_17191288.jpg


綾傘鉾の皆さんです。

e0367330_17195617.jpg


山鉾巡行ではないのですが、いつも帰りは、二時間に一本ある、小田原停車の
ひかりに乗ってきます。
1号車に乗って一番に降りて最後部へ行きます。
下りホームには、のぞみの通過待ちをするこだまが停車しています。
チャンスは一瞬です。

e0367330_17232682.jpg


通過が数秒ずれると撮れないんですよ、この三並び、アラックも毎回成功するわけではないんです。

もう一枚、お子さん向けに載せますね、昨年もやっていたかもしれないんですが、京都駅の
烏丸口で二回目になります。
機関車トーマスフェスティバルです。
親子連れが楽しそうでしたよ。

e0367330_17263839.jpg


海は、トーマスフェスティバルにちなんで、派手な魚を探しました。
バリ島・北西のムンジャガン島近くのトノポイントでの撮影です。
(アラックが大変お世話になった、プロカメラマン。故殿塚昌孝さんが見つけた
枝珊瑚が綺麗な場所です、殿さんとは、何回潜ったでしょうね、懐かしい想い出です。)
ルソンハナダイです。

e0367330_17323030.jpg


やっと、今日あたりから関東も残暑になるみたいです。
アラック、夏が大好きです、炎天下を走るのが一番の幸せです。
でもね、ゲリラ豪雨はいりませんよ。

全く話しは変わりますが、世界陸上での、100m金メダルのジャスティン・ガトリン選手が
再度、自分が二度犯したドーピングについて謝罪のコメントをしています。
やって事は非難されて当然です、彼は制裁をしっかり受けて、競技に復帰しました。
全米選手権でアメリカ代表に選ばれての世界選手権です。
リオデジャネイロオリンピックでは、ウサイン・ボルト選手には1/100秒及ばず、銀メダルでした。
アラックが記憶する限り、選手紹介でも表彰式でもブーイングがなかったと思います。
今回の世界陸上、もちろん、世界陸連はジャスティン・ガトリン選手の公的に出場を認めています。
それなのに、ガトリン選手が優勝をしたら、世界陸連の会長の、セナスチャン・コーさんが。
結果にたいして、「あまり好ましくない」と行っています。
世界のトップが出場を認めたのに、おかしな発言にアラックは、異議を唱えます。

前も、同様の言葉を載せたかと思いますが。
ジャスティン・ガトリン選手は、悪役のままで終わってしまうのでしょうか。
ロンドンの世界選手権は、正々堂々の競争だと思っているアラックは、また、悲しくなってしましました。
ウサイン・ボルトさんが、お互いの真剣勝負だったと一番分かっていると思います。
表彰式でのブーイングは、ボルト選手も悲しかったと思います。

もちろん、ドーピングを批判する世界の姿勢は正しいです。

アラック、また、ぼやいてしまいました、お許しください。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-23 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(45)

駅弁&お弁当(改訂版)

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

世界陸上は終わってしまいました。その気分で朝に起きてしまうんですよ。
全てのアスリートの感謝します。
ただしね、疑問が一つ、世界陸上連盟の会長の、セバスチャン・コーさんの大会後のコメントです。
男子100mはガトリン選手が優勝しました。ドーピングで2回出場停止になっています。それにもめげずに35歳で復活しました。過去はあっても賞賛されるべきです。
もちろん賛否両論はあります。会場でもブーイングもある意味あり得ます。
(日本ならブーイングが起こったかは?はありますがね。)
しかし、永久追放でも、出場停止でも良かったわけですよ、それが、陸上連盟が出場を認めていたにもかかわらず、優勝したら、会長が「あまり好ましくない。」この発言だけは納得がいきません。
ガトリン選手を今後、再びドーピング検査を再度して、失格に追い込むのでしょうか。
背景には、偉大なるボルト選手を優秀の美で終わらせると言う、陸連のシナリオがあったようにしか思えない発言です。
リオのオリンピックでガトリン選手はボルト選手の優勝に続いて二位でしたが、こんな状況はありませんでした。
セバスチャン・コーさんは、30年ほど前に世界を湧かせた中距離競技の偉大な選手です。なのにこの発言は、ボルト選手もガトリン選手も、真剣勝負をしたみんなに対する、冒涜だと、アラックは思うんです、悲しい限りです。

話しは京都へ戻ります。
京都の帰りは、12:33のひかりに乗ることが殆どです、最終日をもっと満喫すれば良いのですが、宿泊の時はこの電車です。小田原に停車するので、遅くとも、16:00には家に着けるんです。
(日帰りでも、16:33には乗ってしまいますがね。)

お昼を京都で食べて買えることはありません、駅弁を新幹線で食べるのが楽しみです。

では、今までの駅弁を見てくださいね、お寿司類が多いんですよ。
京都で、江戸前の握り寿司は買いませんがね。

湯葉寿司。

e0367330_17163597.jpg


鯖寿司(三種類の鯖ですよ)。

e0367330_1717153.jpg


手まり寿司(大阪寿司なんでしょうね)。

e0367330_17172228.jpg


駅弁を買う余裕がないと、サンドウィッチになってしまうこともあります。

e0367330_17181755.jpg


新夢小町(これも大阪寿司でしょうか)。

e0367330_1934011.jpg


華頂弁当。

e0367330_17184784.jpg


赤こんにゃく弁当。

e0367330_17195626.jpg


お土産に買うこともありますが、駅ではなくて伊勢丹の地下で買います。
少し、奮発しますよ。

二段弁当。

e0367330_17205861.jpg


下鴨茶寮さんのお弁当。

e0367330_17213534.jpg


京都駅でお土産を買ったりお弁当を買ったりしていると一時間くらいかかってしまうんですよ。
なので余裕がなくて、直ぐにホームになります。
でも、余裕があると、南北自由通路にある、中村藤吉さんへ寄ります、パフェを一度は
食べたいのですが、何時も抹茶ソフトになってしまいます。

e0367330_1725303.jpg


さて、海ですが、色鮮やかなお弁当に合わせてみました。
西伊豆・大瀬崎での撮影です。
ニシキウミウシに住んでいる、ウムウシカクレエビです。
ウルトラマンに似ているので、ウルトラマンエビと呼んでいます。

ジョワッチ!

e0367330_17272611.jpg


今日の投稿は、祇園祭りをお休みして、肩の力を目一杯抜いてみました。
気軽に見てくださいね。

祇園祭りは、まだ続きますよ。

それにしても、猛暑はどこへ行ったのでしょうね。
東京は、8月1日から毎日必ず雨が降っていると、ニュースで言っていました。
水が少なかったダムは安心でしょうが、暑いのがとにかく大好きなアラックは
悲しいです。
日曜日まではずっと雨模様みたいです。
稲などの、いろいろな農作物への影響が心配です。

(ソフトクリーム、何時もと書きましたが、1回しか食べたことがないんですよ、今年も食べられませんでした。)

[PR]
by umi_bari | 2017-08-16 20:43 | 京都 | Trackback | Comments(60)

山鉾の飾り

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

祇園祭りの前祭、山鉾の飾りを全部撮れば良かったんですがね。
場所取りから最後まで、五時間、なかなか集中して撮影は出来ませんでした。
メモリーの残りも心配でけちってしまい、23機の全ての山鉾の装飾を撮ることは
出来ませんでした。

でもね、御神体や装飾の一部ですが見てくださいね。
鮮やかですよ。

先頭はもちろん長刀鉾。

e0367330_2057198.jpg


孟宗山。

e0367330_20575439.jpg


函谷鉾。

e0367330_20582410.jpg


月鉾。

e0367330_20585360.jpg


鶏鉾を二枚。

e0367330_20594086.jpg


e0367330_20595541.jpg


蟷螂鉾。

e0367330_2103475.jpg


菊水鉾。

e0367330_2112077.jpg


郭巨山。

e0367330_2115393.jpg


保昌山。

e0367330_2122953.jpg


放下鉾。

e0367330_213129.jpg


岩戸山。

e0367330_2133541.jpg


船鉾を三枚。

e0367330_2143359.jpg


e0367330_2151964.jpg


最後尾の船鉾から前を見るのも良いですね。

e0367330_2153548.jpg

23機の全てを撮影終わって、地下鉄の駅へ歩いて行ったら、なぜか人だかりが
ありました。
山鉾巡行を紹介していたテレビ局でした、近藤正臣さんがゲストでいたしていた
ので、一枚撮らせてもらいました。

e0367330_20582.jpg


さて、海ですが、山鉾の鮮やかな色を海から探してみました。
大きな山鉾とは、真逆の小さな写真になります。
サイパンの潮溜まり、ウルトラの星での撮影です、水深15cmくらいでしょうか、
水鏡になって下の貝の仲間が(ウミウシかもしれません)、水面の上に写ります。

e0367330_21302889.jpg


11日の交通渋滞は凄かったですね。
東名高速も凄かったですが、国道246も酷かったです。
アラック、70分走ったのですが、後半の3Kmを走っているなか、途中往復
してくるんですが、その3Km前に横にいた車は、多分2Kmも走っていませんでした。
お盆の帰路の一番の渋滞は、15日になるのでしょうかは分かりませんが、事故の
ないことを祈ります。
アラックは、楽しく走る夏休みです。

世界陸上も佳境ですね、男子の400mRが決勝に6番の記録で残りました。
失格にならない限り、サニブラウン選手に次いでの入賞になりますが、昨年の
リオデジャネイロオリンピックの銀メダルを期待してしまいますが、厳しいと思います。
通常、強豪国は、予選ではエースを温存します。
しかし、ジャマイカはラストランになる、100mの銅メダリストのボルト選手が走りました。
アメリカも、100mの金メダルのガトリン選手に銀メダルのコールマン選手も走りました。
どちらも近年にない真剣勝負です。
でも、日本のバトンパスの奇蹟を信じて、今日の朝のテレビを見ようと思います。

もう一つ、松山英樹選手、爆発していますね。
現在、世界ランキング第二位、初メジャー制覇を祈ります。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-13 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(70)

綾傘鉾

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

皆さん、いつも見ていただいて有り難うございます。
今年の台風は本当に厳しいですね、まだまだ来ると
思います、気を付けてくださいね。

アラックに、ブロ友さんから贈り物が届きました。
眼の網膜に病気を持つので有り難いブルーベリーを
いっぱい、自宅でなったそうです。
他にも、近所の農家さんで買ったと言う、新鮮な、茄子、枝豆、トウモロコシです。
美味しくいただきました、有り難うございます。

祇園祭り、前祭、山鉾巡行が続きます。
15番目の巡行になる、綾傘鉾を見てくださいね。

お稚児さんが、山鉾に乗るのは、必ず先頭を行く、長刀鉾です。

この、綾傘鉾は、鉾の前を六人のお稚児さんが先導します。
皆さんを撮影すれば良いのに、アラック、失敗しました。

綾傘鉾巡行は、見ていて面白かったですね。

では、見てくださいね。

e0367330_20585418.jpg


e0367330_2059826.jpg


e0367330_2059258.jpg


山鉾巡行で、一番の笑顔をもらいましたよ。

e0367330_20594221.jpg


e0367330_210645.jpg


e0367330_2102455.jpg


e0367330_2104015.jpg


今日の水中写真は、可愛いお稚児さんに合わせてみました。
バリ島のトランバンでの撮影です。
白いクマドリカエルアンコウの子供です。
1cmくらいの大きさです。
ダイバーの間では、白クマと呼ばれています。

e0367330_23215210.jpg


全く話しは変わりますが、アラック、陸上競技をやっていましたので、毎日、
世界陸上に釘付けです。
もしかしたら、男子400MRが駄目なら、メダルも入賞も厳しいかもしれませんね。
選手の奮闘に期待します。
もちろん、全世界の全ての選手は全力で競技をしています、だからこそ、勝敗に
関係なく、一発勝負に賞賛の拍手をするのですね。

アラックの感動は、男子マラソンの川内選手の9位です。
彼は、定時制高校に勤務する公務員、実業団陸上部に所属するわけでも無く、
練習時間、場所、コーチ、栄養士、トレーナー、その一つも用意されていないで、
日本代表で走りました。
結果は、8位入賞まで三秒差でしたが、35Km~40Kmが全体で4位、最後の
2,195Kmhaトップタイムです。
賞賛に値します。
日本陸連は、アラックが知る限りは、彼には批判的でしたが、今回の終えて、
手のひらを返すように、引退を惜しむコメントを出しています。
陸連の、長距離のトップを引っ張る、W大学~SB食品時代に多くのマラソンで
優勝した、Sさんのコメントです。
私見なんですがね、彼は、既に時代錯誤だとアラックは思います、次世代のリーダーに引き継がないと、
東京オリンピックも同じ結果が待っているだけだと思います。
1964年の東京オリンピックは日本選手のメダルラッシュで終わりました。
しかし、その頃のメダリストが、母校などで准教授や教授で長年居座った結果は、芳しくなかったのが
事実です、世界は日々変わっているんです。
名選手=名指導者になったケースは少ないと思います。
もちろん、名選手=名指導者の例もあります。
でも、名声にあぐらをかいていては、次が育たないんです。
全く失礼な事を、さらに書いてしまいますが、男子のバレーボールは、松平監督のもとで、
ミュンヘン大会で見事、金メダルを獲得しました。
しかし、その12人のメンバーの何人かは、その後、男女の監督に就任しましたが、全く
結果を残していなかったと記憶しています。
選手時代の栄光=指導者としての栄光は違うんだと、スポーツの競技団体も認識しないと
未来は無いと思います。

2020年、全世界のアスリートに混じって、日本の選手が大活躍をする大会を願います。
そして、信じます。

アラック、スポーツ界の三流で終わってしまいましたので、偉そうな事を書いて、不愉快に思う
方々がいっぱいいるには当然かと思いますが、時代は変わっているんです。
ただ、走れでは、もう駄目なんです。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-09 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(60)

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

二年連続で、休日に、祇園祭りの前祭、山鉾巡行が重なりました。
行きましたよ。
朝の6:30には、四条通に行きました、巡行の始まる二時間半前です。
もう、ベストの場所は埋まっていました。
昨年は、四つくらいの山鉾を見て、新幹線に乗ってしまいましたが、
今年は、23機の全部を撮影しました。
五時間かかりました、トイレへ行くことも出来ません。
(祇園祭りの時期は、四条通のファミリーマートはトイレの貸し出しを
中止していました。)

さあ、見てくださいね、今回はダイジェストですよ。

先頭を飾るのは、長刀鉾です。
他の山鉾は籤で順番を決めますが、お稚児さんと補佐の禿さんがが乗る、
長刀鉾は必ず先頭です。

e0367330_3423943.jpg


やっぱり、迫力が違いますね、これを見るだけで満足ですよ。

次は、占出山です。

e0367330_3435835.jpg


孟宗山です。

e0367330_3442837.jpg


霰天神山。

e0367330_3462143.jpg


函谷鉾。

e0367330_34746.jpg


伯牙山。

e0367330_3475038.jpg


四条傘鉾。

e0367330_348535.jpg


芦刈山。

e0367330_3492450.jpg


月鉾。

e0367330_3495234.jpg


山伏山。

e0367330_3502499.jpg


油天神山。

e0367330_3505182.jpg


太子山。

e0367330_351176.jpg


鶏鉾。

e0367330_3514986.jpg


木賊山。

e0367330_3521850.jpg


綾傘鉾。

e0367330_3525959.jpg


蟷螂山。

e0367330_3533296.jpg


菊水鉾。

e0367330_354070.jpg


白楽天山。
なぜだか分からないんですが、こちらの山を動かしていたのは、殆ど白人の
外国の方なんですよ。

e0367330_3543866.jpg


郭巨山。

e0367330_3552076.jpg


保昌山。

e0367330_3555315.jpg


放下鉾。

e0367330_3565922.jpg


岩戸山。

e0367330_3573044.jpg


最後は、「日本書紀」の神巧皇后の出陣を題した船鉾になりました。

e0367330_402058.jpg


いや、本当に、五時間、疲れましたね。
まわりの、多くの達人の方々は、長刀鉾から数えて四つくらいで、辻回しへ走って
行きました。(山鉾を直角に曲げる。)
アラックは、諦めました、23機の山鉾を撮影出来ただけで本望です。
その後、京都駅へ行って、お弁当を買って、12:33の新幹線に乗りました。

さて、海なんですが、大迫力の山鉾巡行ですからねね、今回も、テニヤングロットに
しました、海のワイドは滅多に撮らないんですが、良いですよね。
フィルム撮影です。

e0367330_461653.jpg


前祭の山鉾巡行、一気に全部を投稿してしまいました。
個別の場面も、これから載せたいと思いますが、先ずは、23機の証拠写真を
ゆっくり見てくださいね。

長々と、最後まで見ていただいて、有り難うございます。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-07 17:51 | 京都 | Trackback | Comments(66)

祇園祭り・宵山

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

今回の京都上洛の一番の目的は、祇園祭りの前祭です。
山鉾巡行の前日は、宵山です。

午後6時になると、四条通は歩行者天国になりますが、
一方通行で、歩くのにはかなりの距離になります。
凄い人出ですよ。

e0367330_1871552.jpg


やっぱり、一番撮りたいのは、長刀鉾ですね。

e0367330_1875528.jpg


函谷鉾です。

e0367330_1882482.jpg


月鉾です。

e0367330_1884683.jpg


菊水鉾です。

e0367330_1891554.jpg


新町通に入っての放下鉾です。
どこも、一方通行が多くて撮影は(移動は)大変時間がかかります。

e0367330_1811718.jpg


後祭の酉を飾る、大船鉾の船首のお飾りも展示してありました、この二つは、
隔年で鉾に飾られるそうです。

e0367330_1813372.jpg


烏丸通のスターバックスの前には、浴衣の皆さんがいらっしゃいました。
やっぱり、宵山には浴衣が合いますね。

e0367330_18143736.jpg


そして、最後にもう一回、長刀鉾を撮影してから、居酒屋向かいました。
空の色が良い具合になりました。

e0367330_1815408.jpg


夕刻の撮影に合う水中写真を探しました。
サイパンからボートで一時間あまり、テニやン島です。
テニヤングロットです。

e0367330_18164783.jpg


写っているのは、妻なんですよ、モデルになってもらいました。
今はダイビングを止めてしまいましたが、昔は一緒に潜っていて、
水中写真もやっていたんですよ。
もちろん、この一枚もフィルム撮影です。
16mm対角線魚眼レンズ(フィッシュアイレンズ)での撮影です。

アラック、写真の全ては光と影だと思っています。
ワイドの水中写真、青の世界のグラデーション、これが大好きなんですよ。

昨日の関東がゲリラ豪雨でしたね、もう、いつどこで大雨になるか
分かりませんね。
大型台風も、どんな進路になるのかが心配な週末です。
十分気を付けてくださいね。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-01 21:49 | 京都 | Trackback | Comments(62)