第一回プラチナブロガーコンテスト

京都の三日目、元々の天気予報は、夜から雨でしたが、明け方から雨に変わっていました、なので前日に傘を買っておきました。
三日目は傘を差しながらの一日になりました。

先ずは東福寺さんの臥雲橋から、通天橋方向を。

実は、傘も撮影も禁止なんですよ、一瞬で通り抜けました(アラックの撮影、これも反則ですね)、まだ警備員の来られる前の早朝です、もう散りの状態でした。



e0367330_09145818.jpg

そして、向かった先は、光明院さんでした、先に一組のカップルの方々がいらっしゃいましたが、直ぐに帰られたので独占状態で、私服の時間に感謝でした。

お寺の方にお礼を言って再訪を誓いました。

帰ると山門の前で、外人さんに東福寺さんの場所を聞かれたのですが、こちらを勧めて入ってもらいました。


e0367330_09160958.jpg


次は、光明院さんと同じく東福寺さんの塔頭・龍吟庵さんへ向かいました。


e0367330_09172099.jpg

写真は、山門へと続く、渓谷・洗主潤に架かる偃月橋(通天橋や臥雲橋よりも古いそうです。)からの眺めですが、
結局拝観はやめました。アラックは大雨の中、30分前から待っていたんです、係りの女性が「中で用意をしているので9時よりも前に入れますよ。」と言ってくれました。

そして、5分ほど前にお寺の住職さんが三名の方を連れて、アラックの横をスルーして入って行こうとしました。

「まだですよ。」

「分かっていますよ。」

「拝観をずっと前から待っているのに、先にとはおかしいのではないですか。」

「お寺として、付き合いが長い方なので。」

「檀家さんなんですね。」

「でもやっぱり、おかしいと思いますよ。」

「そうですか、では私たちが待ちます。」

「いや、どうぞ入ってください、檀家さんなんですよね。」

そんなやり取りがあって、今年は龍吟庵さんの門前を去りました。天龍寺さんのように、事前の方の特別拝観があるなら明示してもらったら納得できたと思います。(まあ、アラックが悪いんですよね、お寺さんの意向に沿わない参拝者なんですから。)

東福寺さんの通天橋はもう遅かったですが、禅堂の紅葉を一枚見てください。


e0367330_09192775.jpg

次は、泉湧寺さんの塔頭・雲龍院さんです。障子にある四つの窓の紅葉は完全に散っていました。

e0367330_09202504.jpg

そして、散り紅葉狙いで行きました、今熊野観音寺さんです。


e0367330_09212507.jpg


この時点でカメラもレンズも濡れていたので撮影終了と思い、一度京都駅まで歩き、珍しくお昼をお店で食べたんです、八条口のコンコース、回転すしの「武蔵」さんです。この日はついていない日でした、生ビールを注文しても、握りを注文しても何回かお願いしないと出て来ませんでした、こういう日もありますね、隣の女性が「私は商売しているから分かるのよ、これは酷いね。」そう言ってくれたのが嬉しかったです。アラックは怒る気もなく、はずれの日だと納得してしまいました。

これで、ゲストハウスに帰るはずだったのですが、前日に調べたら竹田の城南宮の具合が良いらしいのを思い出しました、地下鉄で行けば良いので、向かいました。こちらは、今まで、桜の季節の前の枝垂れ梅を見に行っただけで不安でしたがね。



e0367330_09222614.jpg

ほとんど人はいませんでした、雨もあるのでしょうが、城南宮さんは、正に穴場だと思いました。アラック、珍しくお抹茶をいただきました。

今回、ブログに食べ物の写真がないのには理由があります、実はコンデジで撮影をしたのですが、帰宅後取り込もうと思ったら、「フォーマットしないと使えません。」そう不具合なんです、悲しかったです。

少ししか画像が残りませんでした。

京都の居酒屋情報。

やっぱり、四条仏光寺通り・烏丸通りを少し西に入った、「ぴん」さんです、飲み物つ   

 きで、刺身セットが1300円、刺身三種に枝豆・串焼き二本がも付くんですよ。

北野白梅駅前、「炭火焼き鳥・アホウどり」さんです、串焼 

 は100円からで、アラックが好きな、ホッピー(ノンアルコールの麦芽飲料)なんですが、焼酎を割るんです  

しかし、焼酎をジョッキになみなみ注いでも割り増し料金ナシです。(画像がなくて、すいません。)

大雨の三日目、43086歩、28mを歩きましたが、結局、両足、凄い靴擦れになってしまいました。

最後は、やっぱり海の写真で締めます。

バリ島・トランバンのドロップオフポイントでの撮影です。


e0367330_09241133.jpg

スミレナガハナダイなんですが、ハイブリッド(雄と雌の中間)だと思います、魚には性転換する種類が多いんですよ。





[PR]
# by umi_bari | 2017-01-29 17:58 | 自然 | Trackback | Comments(52)

第一回プラチナブロガーコンテスト

いつも、「バリ大好き」を見てくださって、有り難うございます。
皆様のところへは、なかなか伺えないかと思いますが、お許しください。

さて、京都の二日目の紹介です、日の出前からで、58157歩=37,8Kmを歩くことが出来ました。

渡月橋の日の出の後に、天龍寺さんへ行きましたが、以前は早朝拝観が可能でしたが、JR東海ツアーズさんの参加の方々のみ、700からに拝観でした。アラック、トイレに行きたくなってしまいましたが、JR 東海ツアーズさんの添乗員の方が天竜寺さんの方に事情を言ってもらって、お借り出来ました、皆さんに感謝です。

皆さん、既に入っておられていますから建物をめいっぱい入れてのワイドは撃沈でした。


e0367330_04060411.jpg

次に護法堂弁財天さんに行きましたが、朝日の強さのコンス    

 トラストに負けました。


e0367330_04071624.jpg

直指庵さんに30分前に並んでいたら、可愛い子に会えました、沢蟹さんです、京都では詩仙堂さんに続いて二回目の出会いなんですよ。


e0367330_04083453.jpg

再び護法堂弁財天さんに戻ってみました。
お堂が開いていたのは、初めてです、お寺の奥様が掃除をされていました。
少しですが、お話しを伺えたのが、とても嬉しかったです。

e0367330_04091962.jpg

京都御苑へ行ったんですよ、にゃんとも可愛いですね。

e0367330_04100166.jpg

御苑の捨翠邸さんです。

e0367330_04104725.jpg

西本願寺さんです、多分同じ派の僧侶さんでしょうが、記念   

 写真を撮っておられました、凄く気持ちが分かります。

e0367330_04113889.jpg

紅葉・ライトアップの東寺さんへ初めて行きましたが、もう小雨で困りまし たが、なんとか撮影が出来て嬉しかったです。

e0367330_04125676.jpg

最後は、いつも通りの水中写真で締めさせていただきます。

バリ島のトランバンではなく、PJのガラスハゼです、住んでいるのはウミエラ(動物)なんですよ。
住む場所が違うと印象も変わると思います。(以前投稿した、アカスジカクレエビと同じ家です。)

e0367330_04151060.jpg

[PR]
# by umi_bari | 2017-01-28 05:12 | 自然 | Trackback | Comments(38)



第一回プラチナブロガーコンテスト

昨年の京都の旅、新幹線の小田原駅で駅弁を買っていると、ひかりで二席並びの窓際に座れないことがあるので、小田急OXで朝ご飯を買います。
(いつもは、お弁当や京都の食事の様子も載せるのですが、コンデジのSDカードが壊れたために、今回の京都旅行では景色だけです。)

それは、この景色を撮りたいからです、富士川鉄橋からです。


e0367330_17295704.jpg

最終日の新幹線では寝てしまいました。

最初のお寺さんは妙心寺さんです。

拝観が出来ない塔頭を山門前からです。

e0367330_17311334.jpg

e0367330_17321208.jpg

e0367330_18240784.jpg

そして、開門一番に並びました、大法院さんです。

今年の京都は、紅葉の進行が早いと、京都の達人さんから聞いていましたが、一押しがこちらの大法院さんだったのです、いつも達人さんに感謝ばかりです。


e0367330_17340504.jpg

次も一番で並んで、無人で撮影させていただきました、桂春院さんです。


e0367330_17355512.jpg

もう一つ、拝観されていないお寺さんです。


e0367330_17365127.jpg

次に向かったのが仁和寺さんです、毎年必ず行くのですが、残念な一枚になってしまいました。
なんで軽トラがここに停まっているのかね、緑のコーン虎バーも悲しかったな。


e0367330_17390092.jpg

北野天満宮にも行きましたが、25日でしたので凄い人、紅葉苑に行けばよかったのですが、昼も夜も、人出が怖くて行きませんでした。(盛りだったので、失敗しました。)


e0367330_17401229.jpg

次は、円町駅近くの、達磨寺さんです、訪れる方はほとんどいません。


e0367330_17410708.jpg


JRで嵯峨嵐山駅へ、目指したのは、護法堂弁財天さんです、こちらも毎年通っています。

e0367330_17422751.jpg

JRと地下鉄を乗り継いで、京都御苑に行きました。


e0367330_17435175.jpg

イエロージュータン、外人さんだって嬉しいですよね。

次に、以前は事前申請での見学だった京都御所、今では当日で大丈夫になりました。

e0367330_17451218.jpg


御苑の南の閑院宮も公開されています、床紅葉に見えますでしょうか。

お隣の九条池で出会えました、レンズが24120mmズーム一本でしたので、小さくしか撮影できませんでしたが、カワセミさんの登場に感謝します。

御苑は、季節によっては、アオバズクさんも子育てに来るそうです。


e0367330_17470695.jpg

この日最後の撮影場所は、京都駅です。

既に、クリスマスバージョンになっていました。


e0367330_17483091.jpg

さて、今日も締めは水中写真です。

バリ島・トランバンのガラスハゼさんです。


e0367330_17491670.jpg

アラックはダイバーでして、写真の専門は水中写真なんですよ。

そして、走るのが大好きなんです、近年、京都では走らなくなりましたが、基本、地下鉄の一日券を買って(600円で、乗り放題、最低区間でも、三回乗ると元が取れます。)、あとは歩きます、京都初日、34,5Kmを歩きました。

今回の旅、SDカードの不調があり、一眼レフでの撮影を断念がありました。

さらに、食事を撮影した、コンデジのmSDカードは帰宅後、PCに取り込もうとしたら、「フォーマットしなさい」なんですよ。

どなたか、データの復活の方法を知りませんでしょうか。

ソニーのコンデジ自身も不調(ズームが利かない&画像のプレビューが出来ない。)の症状がでるので、中古のS110を買ってしまいました。

(今でも、有り難く使っています、白いバージョンです。)




[PR]
# by umi_bari | 2017-01-26 21:40 | 自然 | Trackback | Comments(50)

第一回プラチナブロガーコンテスト

小田原・箱根板橋の、邸宅です。

現在、こちらを初めとして、多くの邸宅が小田原市によってほとんどが無料で

公開されています、昨年初めてしったのですが、維持管理もたいへんでしょうが、

本当にありがたいです。
(スタンプラリーもやっていて、アラックはポストカードをもらいました。パンフレットは小田急線の小田原駅内にありました、観光案内所にもあるかもしれませんが、確認していません。)

先ずは、小田原城近くの、清閑帝さんです。


e0367330_10041103.jpg


54
年振りでしょうか、首都圏も昨年の11月に大雪となりました。

秋に、二つの光景を見ることが出来たのは、人生で初めてです、二度とないのではないかと思っています。

老欅荘さんです。


e0367330_10090035.jpg

e0367330_10094101.jpg

e0367330_10103687.jpg

e0367330_10133514.jpg

e0367330_10143082.jpg

e0367330_10151344.jpg

e0367330_10174695.jpg

e0367330_10183630.jpg

e0367330_10192155.jpg

もう一つの邸宅、皆春荘さんです、こちらは、非公開になっていますので、

門前からのみです。

e0367330_10243493.jpg

e0367330_10245824.jpg


海ですが、今日、バリ島・ムンジャガンのワイドです。
雪なので南国ですが、涼しげな一枚を選んでみました。

フィルムでの撮影になります。

e0367330_10265099.jpg

海がやっぱり好きなんです。

上の明かりは太陽です、下の明かりは、ウミヨシが撮影でストロボを焚いたのに

反応した、妻の持つストロボがスレーブ発光したものです。

(光を感じて自動で発光すること。)

つくづく、投稿して実感しました、

アラックの写真は右下がりの構図になってしまいますね。

フォトショップで、直しているつもりなんですが、駄目ですね。

いや、垂直は出せているかも、やっぱり、もっと高い短焦点レンズかな、まあ、アラックはこれ以上買えないな!





[PR]
# by umi_bari | 2017-01-24 18:30 | 自然 | Trackback | Comments(50)

第一回プラチナブロガーコンテスト

昨年の12月4日、鎌倉の明月院さんの撮影を切り上げて、走るようにしていったのが、ここ、長寿寺さんです。
二番に並べました、一万の方と開門まで、楽しい会話が出来ました。
拝観は、先ずは本堂でのお祈りをしてからになります。
お寺さんの中では会話は禁止、お庭でも撮影などに、細かい注意があります、厳しいですよ。
長寿寺さんは、足利尊氏公の関東での菩提寺です。
期間限定の公開で、この日が秋の最終日ですたが、開門時には長蛇の列になっていました。

e0367330_9171257.jpg


e0367330_9172756.jpg


e0367330_917409.jpg


e0367330_9175330.jpg


e0367330_918957.jpg


e0367330_9182310.jpg


e0367330_9183764.jpg


e0367330_918503.jpg


e0367330_91999.jpg


e0367330_9195122.jpg


e0367330_920639.jpg


e0367330_9202191.jpg


e0367330_9204129.jpg


e0367330_9205678.jpg


最後は海の紅葉で締めます。
バリ島・PJでの撮影です。

e0367330_9231180.jpg


ウミエラ(植物ではないんですよ、これでも動物です。)に住む、アカスジカクレエビです。
二匹とも、抱卵していました。
海って、いつも不思議です。
[PR]
# by umi_bari | 2017-01-22 09:23 | 自然 | Trackback | Comments(64)