2017年春、京都、番外編

今年の春の京都も、走るように回りました。
今回お世話になった、ゲストハウスは、北野天満宮さんの
近くの桜都(おと)さんです。
京都駅からは遠いんですが、桜のお寺から近かったので
助かりました、京都の二日目は、本当に有り難かったです。

e0367330_21361765.jpg


六人部屋の二段ベットです。
リクエストをして下段にしてもらいました。
それでも、上の人が動くとベットは揺れますし、いびきもあります。
でも、アッラクの一人旅、ビジネスホテルに泊まる余裕はありません。

e0367330_2137344.jpg


目一杯歩いて、遅い時間に、お酒が飲めるお店に行ったら、ランチが終わっていました。
入れるお店は、お蕎麦屋さんだけでした、錦市場そばの一休庵さんです。
先ずは、板わさ(焼き蒲鉾でした。)にお酒をもらいました、結構量があった有り難かったです。

e0367330_2143875.jpg


お蕎麦は、おあげカレー蕎麦にしました、汁が飛んで服が汚れないように、紙のエプロンも
サービスしていただけますよ。

e0367330_21452936.jpg


二日目にも、ランチをもらおうと思ったら、最悪なことに定休日でした。
ドクターイエローの時間が遅かったので、お蕎麦も食べないで、板わさだけで終わりました。

夕食の初日です、天神さんから歩いて少しの、紅葉の時に行った、北野白梅の焼き鳥屋さんに
行ったら、こちらも定休日でしたので、近くの、「焼き鳥次郎」さんへ行きました。
一品270円の均一価格です。
先ずは、ハイボールと鶏皮ポン酢です。

e0367330_21515232.jpg


美味しかったですよ、でもね、ハイボールは水みたいでした。

焼き鳥も注文しましたが、好きなのが、初めに頼んだのが、鶏皮の塩です。
皮はパリパリで良かったですね。

e0367330_21552674.jpg


他にも、一品頼んだんですが、ピントがない写真で載せられませんでした。

翌日の夜は、行きたかった、北野白梅駅の本当の目の前の。「アホウどり」さんです。
アッラクは、ノンアルコール麦芽飲料のホッピーが大好きなんです、これで焼酎を
割るんです。
お店によって、ギンギンに冷やしておいたグラスに凍りなしのお店もありますが、
氷と焼酎が入ったジョッキにホッピーを注ぐのが好きです。
焼酎の量は、ジョッキに、1/3や1/4のお店もありますが、アホウどりさんは、
ジョッキ一杯でもOKなんです、正に焼酎のロックです。
生のキャベツにごま油と塩昆布をのせた一品は、お変わり自由のサービスなんです。

e0367330_2242884.jpg


アホウどりの皆さんは、本当に元気で、いつ行っても有り難いです。

e0367330_2255452.jpg


飲んだあとに、平野神社を再び通ってゲストハウスに帰るんですが、皆さん楽しんで
いましたよ。
花見酒ですね。

e0367330_2283164.jpg


e0367330_229278.jpg


スマートボールの屋台もありました。

e0367330_22103296.jpg


射的も楽しんでいましたよ。

e0367330_22111398.jpg


本当に、皆さんの桜の季節を楽しんでいるのを、見させていただいているだけで
嬉しくなりました。

最終日の新幹線のお昼です、伊勢丹で、美味しそうなお弁当をいっぱい見たんですが、
もう、お金が無くてね、一番安い、おこわのお稲荷さんの398円にしました。

e0367330_22161650.jpg


桜がないと寂しいですね。
京都鉄道博物館の、蒸気機関車の、スチーム号です。
今回は、日本で一番古い、旅客用蒸気機関車の8600型、通称、ハチロクです。

e0367330_22185267.jpg


海の桜を探してみました。
蒸気機関車の力強さですよ、サクラダイの雄です。
西伊豆、大瀬崎で撮影しました。
今回も、フィルム撮影です。

e0367330_22212227.jpg


神奈川も東京よりも遅いですが、ソメイヨシノが満開になっています。
週末まで残っていて欲しいです。
皆様のところは、どうですか。
[PR]
# by umi_bari | 2017-04-13 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(54)

2017年春、京都最終日

今年の桜を巡る京都の最終日です。
今回も、先ずはダイジェストで見てくださいね。

朝の6時にゲストハウスを出発します。
チェックアウトなんていう堅いものはありません。
荷物を持ってドアを出るだけです。
忘れ物をしないことだけに集中します。
最終日も、地下鉄の一日券を買って、先ずは
京都駅へ、コインロッカーに荷物を預けて、奈良線に
乗って玉水駅を目指したのですが、10分後の電車は
途中の城陽駅行き、乗り継ぎはないために、奈良行きを
30分以上待つというタイムロス、パソコンを持って行って
いるのに、時刻表を調べていませんでした、情けない。

玉水駅で、駅員さんにお寺の行き方を確認して歩き出しました。
道すがらの、玉川の土手にはいっぱいのソメイヨシノがあるのですが、
全く時期が早くて、ガッカリでした。

e0367330_16495450.jpg


一瞬不安が過ぎりましたが、目指す、地蔵禅院さんのメインは垂れ桜です。
大丈夫だと、自分に言い聞かせて歩きました。
そして、山の中腹に桜が咲いているのを確認、今年も嬉しくて、一人で
泣いていました、歩くスピードが速くなりました。
地蔵禅院さんに着いたのは、8時を過ぎていました。
小田原駅を6時15分のひかりに乗れば、8時には京都駅に着いてしまうので、
同じくらいの時間がかかったことになります。
でも、楽しい電車の旅ですよ。
地蔵禅院さんの垂れ桜です。
下の段にある日本の桜です。

e0367330_16571978.jpg


少し登ると、一番メインの桜の木があります、ここでは菜の花とのコラボを
撮らないと始まりませんね。

e0367330_16591532.jpg


高台から、垂れ桜を手前にして、眼下を見渡せます、遠くの山は生駒山です。

e0367330_1702854.jpg


今年も、地蔵禅院さんい来られたことに感謝して玉水駅に戻りました。
次に電車を降りたのは宇治駅です。
目指したのは、平等院さん近くの縣神社さんです。

e0367330_1725619.jpg


このあと、平等院さんを柵の外から見たのですが、一本の垂れ桜だけは満開でしたが、
ソメイヨシノは全然早く、人出がいっぱいなので、600円を使うのをやめて、京都駅へ
戻りました。
再び地下鉄で、丸太町駅へ行きました。
平安女学院大学の垂れ桜がなんとか咲いてくれていました。
3日は、まだまだでしたので、有り難かったです。

e0367330_1773985.jpg


そして、今回の桜巡りの旅、ラストの場所です。
旧京都府庁の本館です。
もう、10時半を過ぎていましたので、いっぱいの方々が来られていました。

e0367330_1710536.jpg


なかなか、無人のベストショットは厳しかったです。

最終日に廻ったのはこれだけなんですよ。
このあと地下鉄に乗って、錦市場お土産を買って、京都駅です。
ここでも、お土産とお弁当にい酒を買って、新幹線のホームに着いたのが
出発10分前です、ちょこっと余裕がなかったと反省しました。
今回も最終日は、もったいないのですが、12時32分のひかりに乗りました。
ゆっくり、もっと巡るのが普通ですが、アラック、もうお腹いっぱい京都の
桜を堪能した三日間でした、今までで最高の天気に恵まれたと思って
います、感謝ばかりです、最終日の歩いた距離は、18,4Kmでした。
この日は曇っていたので、富士山は諦めて、ゆっくりお酒を飲んでから
寝てしまいました。
小田原駅を降りて、新幹線の3並びを撮影しようと狙っていて、バッチリ
シャッターを押したんです、完璧なタイミングでした。
しかし、しかしですよ、SDカードがFULL、そうなんです、記録不可能でした。
ああ、64GBが壊れていなければと嘆きました。
そして、コンデジのSDカードを一眼に入れ換えて、小田原城の桜を目指しましたが、
悲しいかな、殆ど咲いていなくて、一枚も撮影しなくて、帰宅の小田急線に
乗りました。

今日の水中写真は、古いですよ、大昔のパラオでのマクロ撮影です。
通常パラオでは、サメやマンタにアジやバラクーダの群れが人気ですね。
でもね、へそ曲がりのアラック、マクロ撮影の方が、メインになってしまうんです。
イソバナ(珊瑚の仲間)に住んで居る、イソバナガニのカップルです。
凄い擬態ですね、二匹いるんですが、分かりますか。
フィルムでの撮影になります。

e0367330_1722663.jpg


アラック、海では、こんな擬態ばかりを喜んで撮影しています。

これで、三日間の2107年春、京都の桜の報告を終わります。
今回の撮影の場所で、真の独占はありませんでした、やはり地元の方々は
早いし近道を知っていますね、それでも、いっぱいの無人の撮影が出来た事に
感謝ばかりです、有り難かったです。
それぞれの場所で撮影した桜の投稿も予定していますので、また見ていただけたら
有り難いです。

一つ連絡があります、4月15日にアラックが代表をする、水中映像サークルの、
34回目の水中映像サークルがあります。
江東区文化センターホールです。
地下鉄の東西線、東陽町駅から、徒歩6分です。
もちろん入場無料です。
13時00分から16時00分です。
スライドとビデオでの作品を上映します。
アラックは、当日司会をしています、お時間があれば来てくだされば有り難いです。
会場で声を掛けていただけたなら、プレゼントを用意させていただきます。
インターネットでは、「水中映像サークル」と検索してみてください。
http:/www.uwic-jp.org のアドレスでも検索出来ます。

この水中映像サークルに参加して、もう25年になりました、一番の古株で、なぜか
代表になってしまいました。
今年も、マリンダイビングさんとダイバーさんのダイビング関係の雑誌にも宣伝を
載せてもらえました。
本当に、皆様に支えていただいている、水中映像サークルです。

もちろん、アッラクは、皆様に支えられて、「バリ島大好き」をやらされています。
本当に、感謝ばかりです。
[PR]
# by umi_bari | 2017-04-11 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(70)

2017年春、京都中日

京都の桜旅の中日です。
ゲストハウスを6時20分に出て平野神社さんには
6時半前に着いたのですが、既に4名のカメラマンさんが
いらっしゃいましたので、魁桜を完全に引いての写真は
撮影出来ませんでした。
垂れの枝の下や向こうにカメラマンさんがいるんです。

二日目最初は、まずまずの平野神社さんになりました。
朝の陽光で、こう言う色になりました。

e0367330_17152789.jpg


次に向かったのが、立本寺さんです、お坊さん達の朝のお勤めの
読経の声が心地よく聞こえていました。

e0367330_171795.jpg


北へ上がり、上品蓮台寺さんです。
実はね、途中、千本釈迦堂さんへ行ったのですが、門が閉じていました、夕方の
5時半過ぎにもう一度寄りましたが、やっぱり門が閉じていました。
今年は縁がなかったです。
メジロさんを他の方が一本桜の下からかなり長い時間撮影されていましたので、
少し待ちました。
どうぞと、言われましたが、メジロさんは逃げていってしまいました。

e0367330_17191117.jpg


東へ歩いて、堀川通り沿いの、水火天満宮さんです。

e0367330_17222511.jpg


少し下って、本法寺さんですが、まだ早かったです。

e0367330_17232493.jpg


側の妙顕寺さんですが、全く咲いていないに近かったので、ワイドはなしです。

e0367330_17243465.jpg


京都地下鉄の今出川駅まで歩き、やっぱり一日券を買い、南北線で竹田駅まで、
近鉄電車に乗り換えて、桃山御陵駅へ、お酒の伏見ですよ。

e0367330_17292874.jpg


そして、長建寺さんへ行ったのですが、ここで事件が起こりました。
SDカードが壊れたんです、初日から300枚近くを撮影していたデータは生きていたのですが
新しく書き込めなくなりました。
実は、壊れた、NOJIMA電気さんのオリジナルブランドの64GBが壊れるのが三回目なんです。
困ったものです、前回は昨年の紅葉の京都で壊れました。
帰宅して、交換してもらいましたが、また起きそうです。

e0367330_17334542.jpg


次は京阪電車で上がって、深草駅です。
瑞光寺さんですが、お寺の方が掃除しておられて、山門の額縁風は撮れませんでした。

e0367330_17364825.jpg


JR奈良線の稲荷駅へ行き、JR京都駅へ戻りました。
再び地下鉄で、烏丸御池駅へ、再び六角堂さんへ行きましたが、メインの垂れ桜は、
この日も、まだまだでしたので、一番奥の桜をメインに撮りました。

e0367330_17402680.jpg


もう一度、地下鉄で京都駅へ戻ります。
歩いて向かったのは、ここも二日連続の京都鉄道博物館です。
ちゃんと、1080円の割引券を買いました。

e0367330_17421677.jpg


ドクターイエロー、この日はテールのアップに目標を定めていました。
二日連続で失敗は出来ません。

京都駅へ戻り途中に、再度、六孫王神社さんに、行きましたが、やっぱり
ウエディング軍団に負けました。
隣の大国の方が殆どですが、欧米の方も日本の方も撮影されていました。
末永くお幸せにと思うばかりです。

e0367330_1744524.jpg


東寺さんへも行きましたが、柵の外から、不二桜と五重塔だけを撮影して終了。
木が弱っていて、枝をごっそり切られていて、痛々しかったです。
拝観券を買って境内には入りませんでした。

e0367330_1747917.jpg


ライトアップも考えたのですが、JR東海ツアーズさんの、「そうだ京都、行こう」の会員さんが
17時30分から18時30分までは独占拝観になるので、今年はやめました。

地下鉄と徒歩で、ゲストハウスに戻り、データをノートブックPCに取り込み、夜の
居酒屋さんに行く途中に、平野神社さんの夕景を撮りました。
夜でも凄い人出でした。

e0367330_17511362.jpg


では、海の桜を探してみましょう。
バリ島・トランバンでの撮絵です。
ウミトサカ(ソフィトコーラル)に群れる、テンジクダイの子供達です。
マクロレンズでの撮影ですが、ワイドを感じるように撮影してみました。
フィルムでの撮影になります。

e0367330_17534985.jpg


京都の二日目は、29,4Kmでした、少しサボりましたね。

紅葉の時は、居酒屋などの食べ物を撮影した、コンデジのSDカードが壊れて
画像がないのですが、今回は大丈夫でしたので、後日見てくださいね。

アラックの京都は、何かが壊れるのかもしれませんね。
一番大きな壊れ物は、昔になりますが、アラックが壊れました。
梅宮大社さんで池に落ちて脚に怪我をして血だらけ泥だらけに
なって、新幹線で帰って来たんですよ、恥ずかしかったです。
良い子の皆さん、ファインダーを見ながら、池の方向に後ずさり
は絶対にしてはいけませんよ。

今日も、最後まで見ていただきまして、有り難うございます。
[PR]
# by umi_bari | 2017-04-08 17:58 | 自然 | Trackback | Comments(80)

2017年春、京都初日

3月末に京都旅行を予約していましたが、桜の開花が進まなかったので、
一週間延ばしました。
夜行バスで7時に京都駅に着きましたが、3列独立シートのバスにしましたが、
やっぱり、殆ど眠れませんでした(7700円)。

それでは、ダイジェストになりますが、見てください。
先ず向かったのは、京都御苑で、一枚目の写真は、猫ちゃんになりました。

e0367330_1684830.jpg


さあ、今年の桜の始まり始まり。
出水の糸桜です。

e0367330_16182734.jpg


ここで、京都の達人のKatsuさんに、お会いしたのに、とにかく焦っていて、直ぐに走って
しまい、まともな挨拶もせずで、ご免なさい。

桃林も良い感じでした。

e0367330_1620485.jpg


白木蓮も定番ですね。

e0367330_1622311.jpg


近衛邸跡の糸桜ですが、ウエディング姿の撮影クループが六組も、ガッカリしました。
(殆どが隣の大国の方々です。)朝の、7時半ですよ、まあ、京都も占領されています。

e0367330_16244337.jpg


御苑をあとにして、向かったのは、出町商店街の北の本満寺さんです。

e0367330_16292664.jpg


御苑の向かいの、旧有栖川邸の桜も良かったですね、実は前日まで、中を一般公開
していたんですが、やっぱり、アラックは期間限定には縁がありません。

e0367330_16313158.jpg


地下鉄を乗り継いで蹴上駅。
哲学の道でも、先ずは猫ですが、みんな出張っていて、1匹だけでした。
人なつっこい子で、寄って来てくれました。

e0367330_16333084.jpg


大豊神社さんへ行きましたが、紅垂れ桜と、垂れ梅の共演を期待したんですが、桜はまだ
早かったです。
数年前は、殆ど人は来ないところでしたが、すっかり有名になってしまいました。

e0367330_1635166.jpg


さらに、地下鉄を乗って、椥辻駅へ、大石神社へ向かったのですが、少し道を
間違えて、大石さんの閑居跡へ行ってしまったら、なんと立派な1本桜がありました。

e0367330_16372513.jpg


そして、大石神社さんです、ポニーちゃんも元気でした。

e0367330_16382573.jpg


さらに地下鉄で醍醐駅です。
醍醐寺さん、以前は、三宝院さん、霊宝館さん、伽藍さんと個別に入場が出来たはずが、
三つ全部で1500円の拝観券だけになっていたのか、いただけないです。
金儲けしか考えてないようです。

三宝院さん、凄い人出でした。

e0367330_1644766.jpg


霊宝館さん、一番大きな桜の右側の枝が折れたそうです、katsuさんお情報は本当に
的確です。
悲しいことは、もう一つあるんです、霊宝館の塀の内側を一周していろんな桜を愛でる
事が出来たのが、もう禁止になっていました、残念でたまりません。

e0367330_16471015.jpg


五重塔と桜も見てくださいね。

e0367330_1648934.jpg


地下鉄の東西線、南北線を乗り継いで、烏丸御池駅へ、歩いて六角堂です。
メインの垂れ桜は、まだ早かったので、五色幕との組み合わせにしました。

e0367330_16495161.jpg


京都駅へ戻って向かったのが、梅小路公園です。
家族連れがもの凄くいっぱいで、楽しまれていました。

e0367330_16505890.jpg


そして、京都鉄道博物館、1200円なんですが、地下鉄の一日券があると1080円に
割引されるのを気がつきませんでした。
ここへ行ったのは、三階のスカイテラスで、東寺さんを背景にする写真を撮りたかったんです。

e0367330_1653843.jpg


狙いは、これです、ドクターイエローです。
全身にするか、アップにするか悩んでしたら、切れてしまいました。

新幹線の線路の脇にある、六孫王神社さん、駅地下で穴場だったのですが、
ここまでも、ウエディング軍団に制圧されていました。
あり得ない具合です。

e0367330_16555841.jpg


さあ、宿へ戻りましょう。
今回は、北野天満宮さんお北にあるゲストハウス、桜音さんでした。
地下鉄の今出川駅から歩きますよ(普通の方はバスかタクシーです。)。
良い子の皆さんは、アラックのマネをしないでください。

上七軒さんの桜も撮りました。

e0367330_16591977.jpg


平野神社さんの魁桜は満開でした、でも、他は早かったですね。

e0367330_1703238.jpg


さあ、京都初日の桜に合わせる海を探してみました。
バリ島の北西にある、ムンジャガン島でのワイド撮影です。
フィルム撮影になります。
ウミウチワにたくさんの魚が楽しそうに泳いでいました。

e0367330_1725922.jpg


京都一日目、やっぱり、600円の京都地下鉄一日券にお世話になりました、一区間
220円ですから、三回乗れば元が取れます。
あとは全て歩きます、33,6Km出終わりました。

長々と最後までお付き合いいただきまして、有り難うございます。

明日は片道2時間かけて通院の日になります。
[PR]
# by umi_bari | 2017-04-06 17:07 | 自然 | Trackback | Comments(80)

アラック、ダイバーなんですよ、水中写真が専門なんです、もう、33年もやっています。
そんなアラックなんですが、近年、年に一回のバリ島でしか潜っていなくなってしまいました、昨年は11本だけ潜りました、一昨年は、なんと7本だけなんですよ。
以前、元気な時は、仕事がなければ、9・10・11月は毎週、伊豆へ通っていて、年間に100本のダイビングをしていた時代がありました。
その頃は一人で運転をするのが当たり前でしたが、今では片道2時間の運転が怖くなっています。
ところが奇跡が起きたんです、昨年の12月末に、東伊豆・川奈で潜ったんです。
でも、運転はやっぱり怖かったです。
西湘バイパスの、車への衝撃があんなに大きいとは、全く体も心も忘れていました。
川奈では、ダイビングサービス川奈日和の八木克憲さんに、マンツーマンで付いてもらい、安全に楽しいダイビングが出来たことに感謝ばかりです。
海も8月以来、伊豆は4年振りですからね、海も怖かったのです。
コンピューター・残圧・コンパス、ずっと緊張をしていました。
普通は日帰りでも2本は潜るのですが、1本だけで帰宅しました。

ダイビング時間、45分、水中移動が往復20分あったので、撮影時間は25分のみ。
さあ、そのアラックにとっての奇跡のダイビング報告を見てくださいね。

先ずメインのポイントへの移動中での出会いです。
川奈では初登場だそうです、アマミスズメダイの子供だと思います。

e0367330_2273990.jpg


水中を10分で今回のメインの場所に到着です。
先ずは、赤色のニシキフライウオです。

e0367330_2285442.jpg


もう一個体のニシキフウライウオです。

e0367330_2294613.jpg


スミレナガハナダイの雌の子供も見ることが出来ました。

e0367330_2212275.jpg


イソバナカクレエビも多かったです、1cmもない大きさです。

e0367330_22132170.jpg


そして、最後に撮影したのが、ヒマワリハナダイの子供です。

e0367330_22152519.jpg


まあ、久し振りの東伊豆・川奈でこれだけ撮影出来れば十分だと思っています。
なんといっても、安全に行ってこれたことに感謝しています、バグースでした。

ゴンは18歳(白いチンチラシルバー)、寝てばかりです。

e0367330_22242039.jpg


チャンスも二月で18歳になりました(チンチラゴールデン)、ゴンよりも数ヶ月若いです、
元気です。

e0367330_22254916.jpg


明日から上洛します。
持参する、ノートパソコンも不調で、皆さんのところへの
訪問も出来ないかと思います、お許しください。
投稿も、お休みします。
[PR]
# by umi_bari | 2017-04-01 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(90)