圧倒的桜。2017

usaさんの企画で、「圧倒的桜。2017」があります。
大変大勢のブロガーが参加しています、素晴らしい企画です。
アラックも、参加を希望しましたが、本当に参加出来ているかは
分かりません。
さらにです、2017とありながら、2013年の続きになってしまいます。
2017年もまだまだあるんですが、ブログの流れで、もう少し、2013年の
桜が続きます。

大石神社を後にして向かったのは、祇園白川です。
極力無人を狙いましたが、厳しかったです。

では、見てくださいね。

e0367330_652894.jpg


e0367330_654836.jpg


e0367330_6661.jpg


e0367330_662452.jpg


桜の手前を暈かしてみました。

e0367330_621319.jpg


反対に、奥を暈かしてみました、どちらがお好みでしょうか。

e0367330_67894.jpg


今では、隣の大国のウエディング組が桜の季節を席巻していますが、2013年は、
まだまだでした、祇園白川にもいらっしゃいましたが、日本の方だと思います。
この時間は、二組だけでした、このくらいなら楽勝です。

e0367330_673011.jpg


丁度、舞妓さんのデビュー前の、挨拶廻りに出くわしました、ラッキーでしたが、
背景に、お父ちゃんが入ってしまいました、やっぱり、アラックは、舞妓さんや芸妓さんには
縁がないようです。

e0367330_674864.jpg


海の花も探してみました。
バリ島・トランバンです。
ウミトサカ(ソフトコーラル)に住む、アカスジカクレエビです。
結構、ウォーリーを探せになっていますね。

e0367330_691283.jpg


今日は、ピンクに黄色に白の組み合わせです。
もちろん、昔の写真ですので、フォルム撮影になります。

週末は、日本各地、晴天になるようですが、かなり暑くなりそうです。
熱中症や紫外線対策をしっかりして、お過ごしくださいね。

[PR]
# by umi_bari | 2017-05-20 06:23 | 自然 | Trackback | Comments(48)

ブログの投稿、一日おきにしていましたが、なかなか厳しく、
中二日おくようになっています、お許しくださいね。

今まで、京都へ行っても、その日のダイジェストで寺社仏閣を
各1枚投稿して終わっていました、他はお蔵入りにしていました。
やっと、古い写真ですが、撮影の多くを公開を始めました。
旬ではないのですが、これからも見てくだされば有り難いです。

2013年、3月28日、醍醐寺をあとにして伺ったのが、随心院さんです。
はねずの梅(違うかな?)とのコラボが見られました。

やっぱり、無人に拘って撮影をしてみました。

e0367330_1537543.jpg


e0367330_15373498.jpg


紅垂れも咲いていましたよ。
多分、この一枚目は、随心院さんではなくて、勧修寺さんだと思います。

e0367330_15382455.jpg


境内には入らずに、次に走りました。

大石神社さんです。

e0367330_15401771.jpg


e0367330_15404655.jpg


鳥居の外には、ポニーの花ちゃんがいますよ、桜と一緒に1枚。

e0367330_15414716.jpg


e0367330_15422238.jpg


e0367330_15424140.jpg


花ちゃんのアップですよ、可愛いですね。
花ちゃんお守りがあるようですよ。

e0367330_15433146.jpg


最後に、桜を大写しにしますね。

e0367330_15443394.jpg


さて、海です。
バリ島・トランバンでの撮影です、ニシキフウライウオのカップルです。

e0367330_15463222.jpg


京都も行きたいですね、15日は葵祭でした、もちろん今年も行けませんでした。
バリ島も行きたいですね、でも今年は行けないんです、諦めています。

全く、お金がない状況です、預金も厳しくなってしまいました。
タイヤが古くなって=タイヤに結構ひびが入って来ています、危ないです。
新品に交換をして、工賃+廃棄料+窒素の充填で、38600円になります。
ああ、厳しいですが、安全安心には代えられませんね。
[PR]
# by umi_bari | 2017-05-19 06:46 | Trackback | Comments(34)

醍醐寺・三宝院

醍醐寺が続きます、今年2017年の撮影の数々に、一枚だけ2013年を混ぜて見ました。
比較してみてくださいね。
先ずは今年からです。

やっぱり、三宝院さんでも、無人に拘ってみました。

e0367330_1750239.jpg


e0367330_17505155.jpg


e0367330_17511062.jpg


e0367330_1751304.jpg


2013年当時は、庭園は撮影禁止でしたが、今は可能になりました。
1500円ですから、このくらいは当たり前だと思うのですがね。
ただし、室内の撮影は禁止ですし、室内にも入れないで、周りの廊下を歩くだけ
ですから、中に入っての額縁撮影は出来ません。

庭の外の桜は見えました。

e0367330_1754378.jpg


もう少しカメラを左へ向け、さらにワイドにすると、唐門を内側から画面に入れる
頃が出来ますよ。

e0367330_17552847.jpg


それ以外の庭には桜はありません。

e0367330_1756233.jpg


e0367330_17575848.jpg


掛け軸風の庭はいかがでしょうか。
廊下からでは、これが限界です。

e0367330_18203730.jpg


では、どれだけの拝観者がいるのか、種明かしをしてみましょうね。

e0367330_18212720.jpg


この数の方々が三宝院さん、霊宝館さん、伽藍さんに一日中訪れているんですから
もの凄い金額になると思いますね。

三宝院さんの最後の一枚は、前回の投稿と同じ、2013年の撮影になります。
三宝院さんの、朝の無人の様子です。
雨が上がりが分かりますね。

e0367330_1843627.jpg


やっぱり、他をいくつか回ってから、醍醐寺さんへ行くよりも、朝の一番に行きたいですね。

さて、海ですが、桜のイメージとは違いますが、少し華やかさもありますよ。
バリ島、トランバンです。
ハゼなんですが、縞模様がねじれているからでしょうか、ネジリンボウです。
この個体は背びれが長く伸びている種類で種類ですので、正確には、
ヒレナガネジリンボウです。(全身の鰭が全開で、嬉しかったです。)
一緒に住んでいるのが、共生している、鮮やかな赤い模様が特徴の、
コトブキテッポウエビです。(隠れてしまっていますがね。)

e0367330_18115849.jpg


エビは触手をハゼの体に必ず触れていて、危険を察すると、ハゼに教えます。
また、巣に砂が入るとずっと砂を外に出してあげています。
共生を見ているのは楽しいですよ。
今回もフィルムでの撮影になります。

皆さん、GWの傑作写真の現像は進んでいますか、楽しみにしていますね。
[PR]
# by umi_bari | 2017-05-16 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(54)

醍醐寺の霊宝館を後にして、伽藍へ向かいました。

この日のその後も、無人の写真にこだわりました。

先ずは、向かいの三宝院さんの唐門を撮らないとね。
桜は入りませんがね。

e0367330_20475752.jpg


さあ、参道を仁王門へ向かいますよ。

e0367330_2049317.jpg


e0367330_20495257.jpg


仁王門を入って、先ずは清瀧殿本殿です。

e0367330_20564767.jpg


五重塔も撮らないと帰れませんよ。

e0367330_20574972.jpg


金堂の脇にも立派な桜があります。

e0367330_20583026.jpg


奥へ進んで、観音堂です。

e0367330_212517.jpg


隣の毘沙門堂です、この端を無人で撮るのは朝しかないと思います。
閉門間近も可能ですね、でも、アラックは次に走るので、朝しかないんです。

e0367330_2142916.jpg


帰りの仁王門ですが、既に多くの拝観者で下までは写せませんでした。

e0367330_2153388.jpg


おまけの一枚です、仁王門を出た右の塀です、こちらも大勢の皆さんが
いらしゃしいましたので、これより下は無理でした。

e0367330_217661.jpg


さて、海ですが、桜を探しましたよ。
西伊豆・大瀬崎での撮影です。
大好きな、アカスジカクレエビです。
やっぱりウミトサカに住んでいるのが絵になりますね。

e0367330_2114345.jpg


これは、2009年、フィルムでの撮影になります。

写真て、やっぱり楽しいですね。
全く勉強もしていない、アラックでの撮れてしまうんですからね。
シャッターを押せば写る、本当に神の手のカメラです。
有り難いです。

週末、西から大雨になって来そうです、集中豪雨もあるかもしれません。
気を付けてお過ごしください。

アラック、昨日は、通院の日、運動をしなくてはと思い、往復二時間の
ウォーキング、受付から診察&薬待ち時間、お昼も食べての時間も
含めて8時間かかりました。
一ヶ月に一回は通います。
[PR]
# by umi_bari | 2017-05-13 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(60)

今年の4月の2日に醍醐寺さんへ行きました。
拝観料がかかるのは、三宝院さん、霊宝館さん、伽藍の三つなのですが、
以前訪れた、2013年の春には、個別に拝観が出来るようになっていました。
今は、時間がなくて1カ所だけでも、一律1500円がかかります。
施設や木々にお庭の手入れ、そして警備にもお金がかかるのはわかります、
それだけ多くの方々が、春と秋には訪れます。
でも、このやり方には、大きな疑問を持ちます、次回にも行くかとなると、
悩んでしまいます。

今日は、その2013年3月28日の霊宝館だけを見てくださいね。
霊宝館での、一番大きな桜の枝も健在だったと見えるのですが、詳しい方は
教えていただけると有り難いです。

今は出来なくなった、敷地内の一周も出来ましたし、塀越えに仁王門さんや三宝院さんも
方向も撮影出来ました。
多分、木を傷めるような、残念なマナーがあったのでしょうね。

天気は雨上がりで、今年とは違い青空も全くない日でしたが、見てくださいね。

先ずは、桜と梅のコラボです。

e0367330_17313077.jpg


この木が2番目に大きいと思います、順路通りに廻って右側です。

e0367330_17315487.jpg


そして、やっぱり一番大きな桜をしっかり撮りますよ。

e0367330_17321847.jpg


e0367330_17323762.jpg


今年は、この辺りから奥へは行けなくなっていました。
では、幻の霊宝館の桜の数々を見てくださいね。

e0367330_1733772.jpg


e0367330_17334181.jpg


e0367330_17335831.jpg


e0367330_1734279.jpg


右奥に、仁王門が見えます。

e0367330_17344876.jpg


e0367330_1735358.jpg


左奥に、三宝院の唐門の紋様が半分見えますね。

e0367330_17352318.jpg


以前は、1カ所が600円で3カ所だと1500円だったとかの割引きがあったかどうかは
不明ですが、霊宝館を閉館間近に訪問しても、これだけ撮影出来た1カ所の値段なら
高くても納得出来ると思いますが、やっぱり1カ所で1500円かかったら行かなくなる方が
多いと思います、霊宝館、警備や撮影のマナーの悪さも多くなったのかはわかりませんが、
やっぱり一周したいと感じた、2017年春の霊宝館訪問でした。

さて、今日の海ですが、先日の、通称・ピカチュウ「ウデフリツノザヤウミウシ」に似ています。
バリ島、トランバンでの撮影になります。
「カンナツノザヤウミウシ」です、こちらも種の保存のために交接中でした。

e0367330_17421486.jpg


似ていますよね。
海ってやっぱり、いろんな出会いがあって楽しいです。

もちろん、「そうだ京都、行こう」も大好きです。
今はつつじは終わりでしょうか、皐が見頃になってるでしょうか。
皆さんの投稿を楽しみにしていますね、もちろん、京都に限らずいろんな分野の作品を
見させていただきたいと思っています。
[PR]
# by umi_bari | 2017-05-10 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(40)