綾傘鉾

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

皆さん、いつも見ていただいて有り難うございます。
今年の台風は本当に厳しいですね、まだまだ来ると
思います、気を付けてくださいね。

アラックに、ブロ友さんから贈り物が届きました。
眼の網膜に病気を持つので有り難いブルーベリーを
いっぱい、自宅でなったそうです。
他にも、近所の農家さんで買ったと言う、新鮮な、茄子、枝豆、トウモロコシです。
美味しくいただきました、有り難うございます。

祇園祭り、前祭、山鉾巡行が続きます。
15番目の巡行になる、綾傘鉾を見てくださいね。

お稚児さんが、山鉾に乗るのは、必ず先頭を行く、長刀鉾です。

この、綾傘鉾は、鉾の前を六人のお稚児さんが先導します。
皆さんを撮影すれば良いのに、アラック、失敗しました。

綾傘鉾巡行は、見ていて面白かったですね。

では、見てくださいね。

e0367330_20585418.jpg


e0367330_2059826.jpg


e0367330_2059258.jpg


山鉾巡行で、一番の笑顔をもらいましたよ。

e0367330_20594221.jpg


e0367330_210645.jpg


e0367330_2102455.jpg


e0367330_2104015.jpg


今日の水中写真は、可愛いお稚児さんに合わせてみました。
バリ島のトランバンでの撮影です。
白いクマドリカエルアンコウの子供です。
1cmくらいの大きさです。
ダイバーの間では、白クマと呼ばれています。

e0367330_23215210.jpg


全く話しは変わりますが、アラック、陸上競技をやっていましたので、毎日、
世界陸上に釘付けです。
もしかしたら、男子400MRが駄目なら、メダルも入賞も厳しいかもしれませんね。
選手の奮闘に期待します。
もちろん、全世界の全ての選手は全力で競技をしています、だからこそ、勝敗に
関係なく、一発勝負に賞賛の拍手をするのですね。

アラックの感動は、男子マラソンの川内選手の9位です。
彼は、定時制高校に勤務する公務員、実業団陸上部に所属するわけでも無く、
練習時間、場所、コーチ、栄養士、トレーナー、その一つも用意されていないで、
日本代表で走りました。
結果は、8位入賞まで三秒差でしたが、35Km~40Kmが全体で4位、最後の
2,195Kmhaトップタイムです。
賞賛に値します。
日本陸連は、アラックが知る限りは、彼には批判的でしたが、今回の終えて、
手のひらを返すように、引退を惜しむコメントを出しています。
陸連の、長距離のトップを引っ張る、W大学~SB食品時代に多くのマラソンで
優勝した、Sさんのコメントです。
私見なんですがね、彼は、既に時代錯誤だとアラックは思います、次世代のリーダーに引き継がないと、
東京オリンピックも同じ結果が待っているだけだと思います。
1964年の東京オリンピックは日本選手のメダルラッシュで終わりました。
しかし、その頃のメダリストが、母校などで准教授や教授で長年居座った結果は、芳しくなかったのが
事実です、世界は日々変わっているんです。
名選手=名指導者になったケースは少ないと思います。
もちろん、名選手=名指導者の例もあります。
でも、名声にあぐらをかいていては、次が育たないんです。
全く失礼な事を、さらに書いてしまいますが、男子のバレーボールは、松平監督のもとで、
ミュンヘン大会で見事、金メダルを獲得しました。
しかし、その12人のメンバーの何人かは、その後、男女の監督に就任しましたが、全く
結果を残していなかったと記憶しています。
選手時代の栄光=指導者としての栄光は違うんだと、スポーツの競技団体も認識しないと
未来は無いと思います。

2020年、全世界のアスリートに混じって、日本の選手が大活躍をする大会を願います。
そして、信じます。

アラック、スポーツ界の三流で終わってしまいましたので、偉そうな事を書いて、不愉快に思う
方々がいっぱいいるには当然かと思いますが、時代は変わっているんです。
ただ、走れでは、もう駄目なんです。
[PR]
# by umi_bari | 2017-08-09 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(60)

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

二年連続で、休日に、祇園祭りの前祭、山鉾巡行が重なりました。
行きましたよ。
朝の6:30には、四条通に行きました、巡行の始まる二時間半前です。
もう、ベストの場所は埋まっていました。
昨年は、四つくらいの山鉾を見て、新幹線に乗ってしまいましたが、
今年は、23機の全部を撮影しました。
五時間かかりました、トイレへ行くことも出来ません。
(祇園祭りの時期は、四条通のファミリーマートはトイレの貸し出しを
中止していました。)

さあ、見てくださいね、今回はダイジェストですよ。

先頭を飾るのは、長刀鉾です。
他の山鉾は籤で順番を決めますが、お稚児さんと補佐の禿さんがが乗る、
長刀鉾は必ず先頭です。

e0367330_3423943.jpg


やっぱり、迫力が違いますね、これを見るだけで満足ですよ。

次は、占出山です。

e0367330_3435835.jpg


孟宗山です。

e0367330_3442837.jpg


霰天神山。

e0367330_3462143.jpg


函谷鉾。

e0367330_34746.jpg


伯牙山。

e0367330_3475038.jpg


四条傘鉾。

e0367330_348535.jpg


芦刈山。

e0367330_3492450.jpg


月鉾。

e0367330_3495234.jpg


山伏山。

e0367330_3502499.jpg


油天神山。

e0367330_3505182.jpg


太子山。

e0367330_351176.jpg


鶏鉾。

e0367330_3514986.jpg


木賊山。

e0367330_3521850.jpg


綾傘鉾。

e0367330_3525959.jpg


蟷螂山。

e0367330_3533296.jpg


菊水鉾。

e0367330_354070.jpg


白楽天山。
なぜだか分からないんですが、こちらの山を動かしていたのは、殆ど白人の
外国の方なんですよ。

e0367330_3543866.jpg


郭巨山。

e0367330_3552076.jpg


保昌山。

e0367330_3555315.jpg


放下鉾。

e0367330_3565922.jpg


岩戸山。

e0367330_3573044.jpg


最後は、「日本書紀」の神巧皇后の出陣を題した船鉾になりました。

e0367330_402058.jpg


いや、本当に、五時間、疲れましたね。
まわりの、多くの達人の方々は、長刀鉾から数えて四つくらいで、辻回しへ走って
行きました。(山鉾を直角に曲げる。)
アラックは、諦めました、23機の山鉾を撮影出来ただけで本望です。
その後、京都駅へ行って、お弁当を買って、12:33の新幹線に乗りました。

さて、海なんですが、大迫力の山鉾巡行ですからねね、今回も、テニヤングロットに
しました、海のワイドは滅多に撮らないんですが、良いですよね。
フィルム撮影です。

e0367330_461653.jpg


前祭の山鉾巡行、一気に全部を投稿してしまいました。
個別の場面も、これから載せたいと思いますが、先ずは、23機の証拠写真を
ゆっくり見てくださいね。

長々と、最後まで見ていただいて、有り難うございます。
[PR]
# by umi_bari | 2017-08-07 17:51 | 京都 | Trackback | Comments(66)

祇園祭り・宵山

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

今回の京都上洛の一番の目的は、祇園祭りの前祭です。
山鉾巡行の前日は、宵山です。

午後6時になると、四条通は歩行者天国になりますが、
一方通行で、歩くのにはかなりの距離になります。
凄い人出ですよ。

e0367330_1871552.jpg


やっぱり、一番撮りたいのは、長刀鉾ですね。

e0367330_1875528.jpg


函谷鉾です。

e0367330_1882482.jpg


月鉾です。

e0367330_1884683.jpg


菊水鉾です。

e0367330_1891554.jpg


新町通に入っての放下鉾です。
どこも、一方通行が多くて撮影は(移動は)大変時間がかかります。

e0367330_1811718.jpg


後祭の酉を飾る、大船鉾の船首のお飾りも展示してありました、この二つは、
隔年で鉾に飾られるそうです。

e0367330_1813372.jpg


烏丸通のスターバックスの前には、浴衣の皆さんがいらっしゃいました。
やっぱり、宵山には浴衣が合いますね。

e0367330_18143736.jpg


そして、最後にもう一回、長刀鉾を撮影してから、居酒屋向かいました。
空の色が良い具合になりました。

e0367330_1815408.jpg


夕刻の撮影に合う水中写真を探しました。
サイパンからボートで一時間あまり、テニやン島です。
テニヤングロットです。

e0367330_18164783.jpg


写っているのは、妻なんですよ、モデルになってもらいました。
今はダイビングを止めてしまいましたが、昔は一緒に潜っていて、
水中写真もやっていたんですよ。
もちろん、この一枚もフィルム撮影です。
16mm対角線魚眼レンズ(フィッシュアイレンズ)での撮影です。

アラック、写真の全ては光と影だと思っています。
ワイドの水中写真、青の世界のグラデーション、これが大好きなんですよ。

昨日の関東がゲリラ豪雨でしたね、もう、いつどこで大雨になるか
分かりませんね。
大型台風も、どんな進路になるのかが心配な週末です。
十分気を付けてくださいね。
[PR]
# by umi_bari | 2017-08-01 21:49 | 京都 | Trackback | Comments(62)

廬山寺(改訂版)

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

アラックの夏休みの旅は、ここ15年くらいは、お盆前後のバリ島でした。
本当に楽しかったです、潜って・走って、飲んでの毎日なんですよ。
再会を楽しみにしている方々に。待っていてくれるワンちゃんがいるんです。
そんな夢は、今年は叶いません。

そこで、アラックの唯一の楽しみは、祇園祭りの、前祭の宵山と山鉾巡行でした。
楽しかったですよ。
初日、最後に拝観させていただいたのは、廬山寺さんです。
やっと行くことが出来ました、昨年は山鉾巡行を少しだけみて、10:33のひかりで
帰宅してしまいました。

同じような写真になりますが、額縁を含めて、廬山寺さんの桔梗を見てくださいね。

e0367330_14281994.jpg


e0367330_14283968.jpg


e0367330_1445512.jpg


e0367330_14292521.jpg


e0367330_14295386.jpg


e0367330_14302557.jpg


e0367330_14304872.jpg


廬山寺さんは、紫式部の邸宅跡に建ったお寺さんのようです。
撮影は禁止ですが、室内にゆかりの作がいっぱい展示してあります。
この時期でも、拝観者は20名くらいでした、昼少し前ですが、観光バスも
来ることもなく、ゆっくり出来るお寺さんだと思います。

桔梗が残っていて嬉しかったです。
明智光秀の家紋になるんです、大好きな武将です。
本能寺の変は濡れ衣ですよ、背景は秀吉ですよ。
前もって計画していたから、中国大返しが出来たんですよ。
計画通り、織田気を乗っ取り、関白にになってしまいました。
アラックは、そう思っています。

さて、海ですが、緑を探してみましたが、少しカラフルにしました。
ニシキテグリです。
バリ島・シークレットベイポイントで撮影しました。
もちろん、フィルム撮影になります。
テレコンバーターをレンズとボディーの間に組み合わせた、
二倍撮影に(大きく撮る)なります、換算210mmレンズになります。
いや、これはバリ島ではなくて、もっと昔のパラオのような気がして
来ました、マリンレイクだと思います。
多分、その可能性が高いですね。
デジタルと違って、フィルムは自分で記録しておかないと、データの
詳細が残らないんです。
絶対に、防湿庫のどこかには、原盤のポジフィルムが残っています。

e0367330_14392127.jpg


相変わらず、壊れた?HHDのコピーをしています。
コピーが出来て、初めて画像が見られます。
今は、2013年の奈良・京都の1をコピーしています。
一つフォルダーのコピーに3日間くらいかな、本当なら30分で終わる
容量なんですよ。

走ることが出来る日は、ゆっくりですが、最低でも60分は走っています、昨日は75分でした。
でも、ほぼ一年間走れない期間があって、もの凄く筋力が落ちました、復活は
厳しいんです。
ボチボチやっていこうと思っています。
腐っても日体大陸上部、京都でいくら歩いても平気です。
でもね、速く走れないのが、とにかく悲しいんです。
ああ、情けないです。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-29 15:51 | 自然 | Trackback | Comments(66)

夏こそ京都

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

夏こそ京都ですよ、祇園祭りはとんでもない人出ですが、お寺さんはゆっくり
見て回れますよ。

先ずは、東福寺駅から、歩いて、臥雲橋から通天橋を見ないとね。

e0367330_17441794.jpg


紅葉の時期は、傘禁止、撮影禁止、止まるのも禁止になりました。

この後、光明院さんを見た後に、久し振りに、東福寺さんの通天橋とお庭を見学しました。
赤い紅葉もありましたよ。

e0367330_17471235.jpg


いちいよ、通天橋の真ん中から、先ほど渡った臥雲橋方向を見渡します。
この一枚を撮るために拝観料を払っているとも言えますね。

e0367330_17494735.jpg


庭を巡って行きましょう、紫陽花も残っていました。

e0367330_17511065.jpg


e0367330_17551418.jpg


青紅葉も苔も目に優しいですね。

e0367330_1752396.jpg


e0367330_17522412.jpg


e0367330_1752444.jpg


e0367330_175312.jpg


e0367330_17532337.jpg


e0367330_17533913.jpg


さて、海ですが、これも傑作だと思っています。
東伊豆・川奈でのフィルム撮影です。
エントリー(潜り始め)して直ぐにみつけました、たった5分で36枚の全てを
使い果たしてしまいました、フォルムはデジタルと違い、これで終わりになります。
やっぱり、アオリイカの捕食なんです。
水面下なので、水面に写るんですよ、水鏡になるんです。

e0367330_17594663.jpg


いつも思うんです、フィルム時代の方が、撮影の枚数は、無限とも思えるデジタルとは
違い、36枚に限られますが、当時の方が、良い写真が撮れていたと思います。
気合いが違いますね。
面白い事に、初めの1枚目と最後の36枚目が一番良いんです、必ずです。

海が好き、京都も好き。
是非、緑の今日も訪れて見てくださいね。
ただし、暑いですよ。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-26 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(70)