光明院

朝の8時に京都駅に着いて、JR奈良線で東福寺駅へ、
切符が京都市内までになっているんで、別料金はなしです。
京都へ行ったら必ず訪問させていただく、光明院さんへ行きました。
拝観料は300円ですが、時間が早いと受付の方はいないことが
多いんです、竹の筒の隙間に300円を入れてから拝観させて
いただきます。

前回の投稿と同じ、入り口の一枚ですが、桔梗はこれだけでした。
では、アラックが大好きなお寺さんを見てくださいね。

e0367330_21154887.jpg


丸窓と角窓の、この部屋からの景色がたまりませんね。
先に、貸し切りタクシーの三人のお客さんがいらしていたんですが、
ここの景色を紹介しました。普通、タクシーの運転手さんはお寺さんを
案内するんですが、その運転手さんは外で待っていました。
この後の行き先を聞きましたが、アラック的には興味がないところでしたので、
廬山寺さんの桔梗を推薦しました。
門の外で運転手さんに廬山寺さんを聞いたのですが、????でした。

e0367330_21163046.jpg


e0367330_21164854.jpg


e0367330_21171681.jpg


e0367330_21173295.jpg


額縁は、これが一番好きかもしれません。

e0367330_211825.jpg


東福寺さん、廬山寺さんと廻って、お昼は錦市場通りから、高倉通りを少し下った
金の翼さん(和韓創作料理のお店)で、昼食をいただきました。
いつもは、串カツなどの肴が四品にアルコール一杯付いて、1000円なんですが、
この日は、昼はやっていないという事で、日替わりランチ、780円にしました。
アラック、京都のお昼をまともに食べたのは久し振りです。

e0367330_21291376.jpg


今、京都駅の南北通路には祇園祭りの紹介コーナーがあります。
そこに、山鉾のミニチュアが飾ってあります。
同じ物でしょうか、四条通の地下通りの大丸にも飾ってありました。
安い物でも、3000円弱、高い物は6500を超えています。

e0367330_21331534.jpg


宵山の日、四条通と烏丸通りは、18:00から歩行者天国で賑わいます、市民の方、
観光客の方と、とんでもない人出になります。
写真はブレブレ(コンデジです)になりましたが、臨場感だけでお許しください。

e0367330_21372236.jpg


さて、海ですが、緑に合わせての最後のアオリイカです。
西伊豆の大瀬崎です、マクロレンズでのフィルム撮影です。

e0367330_21385041.jpg


分かりますか、アオリイカが捕食をしているんです。
これも、アラックの傑作の一枚だと思っています。
自画自賛ですいません。

最後になりました。
順番がおかしくて、すいませんが、本当に暑い毎日ですね。
暑中お見舞い申し上げます。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-22 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(70)

京都の緑

日月と京都へ行って来れました。
朝の、4:30に家を出ると京都駅に、8:00に着きます。
奈良線で一駅、東福寺駅から歩きました。
東福寺さんの塔頭(拝観寺ではないので中には入れません。)の
額縁を見てくださいね。

先ずは、ダイジェスト版です。

e0367330_20351659.jpg


e0367330_2035349.jpg


e0367330_20355648.jpg


東福寺さんの臥雲橋から、通天橋を見てみましょう。

e0367330_20365867.jpg


さあ、今日初めのお寺さんの光明院さんです。
京都へ行ったら、必ず行くんですよ。
山門をくぐって左へ曲がると、唯一の桔梗が咲いていました。
お庭の桔梗は既に散っていました。

e0367330_2039012.jpg


智積院さんまで歩きました。

e0367330_2041595.jpg


再び、京都駅まで歩きました。
地下鉄に乗って、廬山寺さんです。

e0367330_20414867.jpg


紫式部の家の跡だそうです。

祇園祭り、前祭の真っ最中、吟醸酒をいただきました。

e0367330_20442987.jpg


日曜日は宵山、凄い人出に圧倒されてしまいました。
長刀鉾です。

e0367330_20455172.jpg


この日一日で、約28Km歩きましたが、暑かったですね。
泊まりは、今回も安いゲストハウスです。
明日は前祭りの山鉾巡行、頑張って撮りましたよ。

さて、海ですが、緑をイメージしての写真にしました。
アオリイカの産卵です。
西伊豆大瀬崎での撮影ですが、これは60mmマクロレンズです。

e0367330_20492759.jpg


今年も前祭の山鉾巡行が休日になってくれたので、二年連続で行くことが出来たことに
感謝します。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-18 20:51 | 自然 | Trackback | Comments(60)

我が家の住人

美しいあじさい&6月のイメージショット!

我が家の住人を紹介します、嫌いな方もいると思いますが。
我慢して見てくださいね。

紫陽花が大好きなようです。

先ずは、蜘蛛さんです、一番数が多いです。

e0367330_16104725.jpg


e0367330_16105952.jpg


e0367330_16111254.jpg


e0367330_16112478.jpg


多分、キリギリスの子供だと思います。

e0367330_16123100.jpg


カマキリの子供なんですが、なんと捕食していました。
小さくても凄い生命力ですね。

e0367330_16124743.jpg


家の中には、18歳のジジーズがいます。
寝てばかりですがね、ゴンです。

e0367330_16133581.jpg


チャンスは、ゴンよりは起きている時間が長いです。

e0367330_16141446.jpg


庭に、バリ島の大きな鉢があります、ヒメダカを飼っているんですが、冬の分厚い氷に
負けて越冬出来ずにいたんですが、たった二匹が五年以上頑張っていましたが、
5月にとうとう一匹になってしまいました。
可哀想なので、二週間くらい前に、新しく五匹を飼いましたが、二匹が死にました。
そして、悲しい事に、今日、新しい小さな一匹と、大きな大きな長老が、虹の橋を
渡ってしまいました。
たかがメダカですが、悲しかったです。
遺骸を載せるのも問題があると思いますが、成長の証です、本当に大きく育って
くれました、ヒメダカさん、長い間有り難う。
生前に撮影してあげなくて、ごめんね。

e0367330_161910100.jpg


海は、紫陽花に隠れるようなイメージを探してみました。
バリ島・トランバンでの撮影です。
腔腸類(ソフトコーラルかイソギンチャクの仲間)に住む、エビの仲間です。
(ナガレモエビ族の一種です。)
体長は1cmもありません。

e0367330_1621339.jpg


毎日暑いですね、お身体に気を付けてお過ごしください。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-14 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(60)

紫陽花の想い出

美しいあじさい&6月のイメージショット!

今年も6月に箱根登山鉄道と紫陽花を撮りに行きましたよ。
今年の咲き具合は悪かったそうです。
電車の警備の方が教えてくれました。

先ずは、1000形の赤いバージョンです。

e0367330_2135877.jpg


白いバージョンも走っていますよ。

e0367330_21353957.jpg


2000形です。

e0367330_21361192.jpg


一番新しい、3000形のアレグラ号です、窓が大きいですよ。

e0367330_21365482.jpg


でもね、箱根へ行ったら、旧型を撮りたいですね。
一番古い、モハ1形の104号です。

e0367330_21382774.jpg


106号です。

e0367330_2139139.jpg


モハ1形の後に製造されたのが、モハ2形です。
109号です。

e0367330_21401787.jpg


でもね、やっぱり、モハ2形のV字の金太郎塗装の108号を撮らないと箱根を後に
するわけにはいきません。
朝の7時に、この金太郎さんに乗って大平台まで行ったんですが、3両編成でしたが、
後で二両編成に変わってしまって、この一枚を撮影するまで、四時間待ちました。

e0367330_21451643.jpg


数年振りの紫陽花と箱根登山鉄道を撮りに行けて嬉しかったです。

今年の紫陽花、神奈川では雨が少なくて可哀想だったと思います。

さて、海なんですが、紫陽花とも箱根登山鉄道とも全く関係がないんですが、
古い車輌に合わせて、アラックの大昔の写真の一枚にしますね。
30年以上前の撮影になります。
ニコンの水中写真専用のカメラの、ニコノスⅤで撮りました。
ヘコアユの群れです(もしかしたら、仲間のヨロイウオかな?)。
通常は縦でゆっくりたなびいているんですよ、危険状態になると横に泳ぎます。

e0367330_21512973.jpg


もちろん、フィルム撮影です。
23歳の時にダイビングのライセンスを取得して、直ぐにインドネシアのプロウスリブへ
行きましたが、写真は残っていません。
翌年、フィリピンのパラワン島の沖のエルニドリゾートへ行ったときの一枚です。
当時は、テンノットツアーズが独占のツアーを行っていましたが、会社も今はないと
思いますし、エルニド自体も、リゾートしてやっているのか分かりません。
懐かしい、大昔の想い出です。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-11 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(58)

かえるの歌

美しいあじさい&6月のイメージショット!

梅雨のイメージに、雨蛙が思う浮かびます。
この三年間のかえるの歌です。
アラック的に傑作が撮れたと思うのです。

2015年です、開成町の紫陽花と一緒に撮れました。
見つけた時には、小躍りしてしまいました。

e0367330_1841144.jpg


2016年、これには驚きました。
ランニング中に見つけたんです、家まで走って、カメラを持って車で
行くまで、居てくれるかが心配でしたが、良い写真が撮れました。
コンテストもいけるかもしれないと思っています。

e0367330_1862187.jpg


分かりますよね、サボテンの棘がある場所に居たんですよ。

e0367330_187730.jpg


そして、今年、2017年のかえる君です。
田圃の脇に、なぜか、2mくらいの高さがある鉄柱があったんです。

e0367330_188277.jpg


鉄柱の先端を、良く見てみましょう。

e0367330_18988.jpg


e0367330_1892812.jpg


登って来たのでしょうね、どうやって中に入ったのでしょうかね。
お尻から入ったのか、頭から入って回転したのか、悩んでしまいます。
どうやって、降りたのでしょうかね、吸盤でへばりつきながらかな、
田圃に向かって、大ジャンプかな。

このかえる君、ここが大好きなようで、合計四日間見ています。

その中の一日です、奇蹟の一瞬が撮れました。

e0367330_18125517.jpg


カップルでしょうね、仲良しです。
いや、三年間の集大成の一枚だと思っています。

海のかえるを探してみましょう。
2回投稿している、サイパンの潮溜まりの、ウルトラの星の、
カエルウオの仲間です。

e0367330_18155356.jpg


フィルムでの撮影です。

魚の名前ですが、素晴らしい写真を撮影されている、moguritaoshiさんが、
教えてくれました。
ロウソクギンポだそうです。

そうそう、鉄柱のカップルのかえるなんですが、コンデジなんですよ。
大きく写っているのが、全てコンデジ、小さく写っているのが一眼レフ
なんです。
柵越しに撮影しているので、一眼レフだと寄れないんです。
暈かしの一眼レフのマクロレンズVSよりのコンデジでしょうか。
寄れない時に、コンデジのズーム機構は本当に凄いですね、バグースです。

紫陽花とサボテンは柵がなくて、寄れますから、一眼レフです。

今年の梅雨は、夏を思わせる猛暑かと思えば、とんでもない
集中豪雨になっています。
九州ではかつて記録にない豪雨と災害に見舞われてしまいました。
まだ、雨は降るようです、災害がこれ以上広がらないことを祈ります。
被災された方、お見舞い申し上げます。
救助に当たっている方々には頭が下がる限りです。
雨が上がった後の、復興を政府にお願いいたします。
[PR]
# by umi_bari | 2017-07-07 00:01 | 自然 | Trackback | Comments(76)