タグ:前祭・山鉾巡行 ( 2 ) タグの人気記事

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

祇園祭りに戻ります。
今日は、もう一つの祇園祭の山鉾巡行です。

朝の8:15頃から、四条通の信号機の方向が変えられます。
手慣れたものですね。

e0367330_16591973.jpg


山補巡行の始まりが、長刀鉾の、注連縄切りですが、注連縄を結ぶ、
高い竹を建てるのが、高橋町の方々です、朝の四時過ぎから始まるそうです。
斎竹(さいりん)と言うそうです。
高橋町の皆さんです。

e0367330_1724376.jpg


8:54、注連縄張りが行われます。
いよいよ、始まりますよ。

e0367330_1763273.jpg


報道陣もどんどん集まってきますが、これだけの取材班が必要なのでしょうかね。
テレビも新聞社もスチールカメラもビデオカメラも合同にして、同じ物を使えば良いと思うんですがね。
一般客の撮影の立場からすると、滅茶苦茶邪魔です。
でも、公式の許可を得てでの撮影ですから、とびっきりの場所からの撮影が出来ますね。

e0367330_17501.jpg


長刀鉾の、お稚児さんと補佐役となる二人の禿さんのお母様達です。
一生に一度、注連縄切りの大役を果たしたのを見届けて、涙を流していらっしゃいました。
感慨深いと思います。
驚いた話しがあります。隣で撮影していた方に教えてもらったんですが、長刀鉾の
お稚児さん、費用は、祇園祭側から出されると思っていたら、お稚児さんの家族が
費用を払うそうです、その費用は、2000千万円も掛かるそうです。
(お稚児さん本人の羽織、着物、袴といった衣装代、お稚児さん本人と同様に父母の着物代、
祇園祭への寄付金、お祝いにくる来客へのもてなしのための費用etc
費用は、お稚児さんと禿さんの三家族で負担するようです。)
家で、調べたところ、細かく解説されていました、歴代のお稚児さんも分かるんですよ。
インターネットの世界は凄いですね。
ちなみに、綾傘鉾のお稚児さんの、申し込みに掛かる費用は21万円で、公募だそうです。
(総計 210,000円【内訳】 ①結納金150,000円 ②父兄支度金 50,000円(衣装代含む) ③後援会年会費 10,000円(1口))
e0367330_17122813.jpg


高橋町の皆さんです。
函谷鉾の幟の後ろに見える大きな竹が、四条麩屋町に建てられた、斎竹です。

e0367330_17134662.jpg


e0367330_1714532.jpg


高橋町の、報道(記録)のお嬢さんです。
頑張って撮っていらっしゃいました、アラックもこの位置で撮りたかったですね、
まあ、それは反則ですから、歩道から撮りましたよ。
SONYのミラーレスカメラですが電子式のファインダー付きですが、カメラ背面の
液晶を見て、撮影されていました。
アラックは、フィルム一眼の癖で、ファインダーを覗かないと駄目なんですよ。
今回、四条通の北側で撮影をしましたが、正直、この位置では、高橋町の方々が
山鉾の撮影には邪魔になります(すいません)。
山鉾だけを撮影するなら、四条通の南側が良いと思います。
でも、注連縄切りを撮影して、新町御池での辻回しや、新町通での、舞妓さんの
様子も撮りたいなら、アラックが今年に位置した北側になりますね。

e0367330_17161149.jpg


山鉾巡行の皆さんの様子も、少し撮りました。

四条傘鉾の皆さんです。

e0367330_17191288.jpg


綾傘鉾の皆さんです。

e0367330_17195617.jpg


山鉾巡行ではないのですが、いつも帰りは、二時間に一本ある、小田原停車の
ひかりに乗ってきます。
1号車に乗って一番に降りて最後部へ行きます。
下りホームには、のぞみの通過待ちをするこだまが停車しています。
チャンスは一瞬です。

e0367330_17232682.jpg


通過が数秒ずれると撮れないんですよ、この三並び、アラックも毎回成功するわけではないんです。

もう一枚、お子さん向けに載せますね、昨年もやっていたかもしれないんですが、京都駅の
烏丸口で二回目になります。
機関車トーマスフェスティバルです。
親子連れが楽しそうでしたよ。

e0367330_17263839.jpg


海は、トーマスフェスティバルにちなんで、派手な魚を探しました。
バリ島・北西のムンジャガン島近くのトノポイントでの撮影です。
(アラックが大変お世話になった、プロカメラマン。故殿塚昌孝さんが見つけた
枝珊瑚が綺麗な場所です、殿さんとは、何回潜ったでしょうね、懐かしい想い出です。)
ルソンハナダイです。

e0367330_17323030.jpg


やっと、今日あたりから関東も残暑になるみたいです。
アラック、夏が大好きです、炎天下を走るのが一番の幸せです。
でもね、ゲリラ豪雨はいりませんよ。

全く話しは変わりますが、世界陸上での、100m金メダルのジャスティン・ガトリン選手が
再度、自分が二度犯したドーピングについて謝罪のコメントをしています。
やって事は非難されて当然です、彼は制裁をしっかり受けて、競技に復帰しました。
全米選手権でアメリカ代表に選ばれての世界選手権です。
リオデジャネイロオリンピックでは、ウサイン・ボルト選手には1/100秒及ばず、銀メダルでした。
アラックが記憶する限り、選手紹介でも表彰式でもブーイングがなかったと思います。
今回の世界陸上、もちろん、世界陸連はジャスティン・ガトリン選手の公的に出場を認めています。
それなのに、ガトリン選手が優勝をしたら、世界陸連の会長の、セナスチャン・コーさんが。
結果にたいして、「あまり好ましくない」と行っています。
世界のトップが出場を認めたのに、おかしな発言にアラックは、異議を唱えます。

前も、同様の言葉を載せたかと思いますが。
ジャスティン・ガトリン選手は、悪役のままで終わってしまうのでしょうか。
ロンドンの世界選手権は、正々堂々の競争だと思っているアラックは、また、悲しくなってしましました。
ウサイン・ボルトさんが、お互いの真剣勝負だったと一番分かっていると思います。
表彰式でのブーイングは、ボルト選手も悲しかったと思います。

もちろん、ドーピングを批判する世界の姿勢は正しいです。

アラック、また、ぼやいてしまいました、お許しください。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-23 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(45)

綾傘鉾

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

皆さん、いつも見ていただいて有り難うございます。
今年の台風は本当に厳しいですね、まだまだ来ると
思います、気を付けてくださいね。

アラックに、ブロ友さんから贈り物が届きました。
眼の網膜に病気を持つので有り難いブルーベリーを
いっぱい、自宅でなったそうです。
他にも、近所の農家さんで買ったと言う、新鮮な、茄子、枝豆、トウモロコシです。
美味しくいただきました、有り難うございます。

祇園祭り、前祭、山鉾巡行が続きます。
15番目の巡行になる、綾傘鉾を見てくださいね。

お稚児さんが、山鉾に乗るのは、必ず先頭を行く、長刀鉾です。

この、綾傘鉾は、鉾の前を六人のお稚児さんが先導します。
皆さんを撮影すれば良いのに、アラック、失敗しました。

綾傘鉾巡行は、見ていて面白かったですね。

では、見てくださいね。

e0367330_20585418.jpg


e0367330_2059826.jpg


e0367330_2059258.jpg


山鉾巡行で、一番の笑顔をもらいましたよ。

e0367330_20594221.jpg


e0367330_210645.jpg


e0367330_2102455.jpg


e0367330_2104015.jpg


今日の水中写真は、可愛いお稚児さんに合わせてみました。
バリ島のトランバンでの撮影です。
白いクマドリカエルアンコウの子供です。
1cmくらいの大きさです。
ダイバーの間では、白クマと呼ばれています。

e0367330_23215210.jpg


全く話しは変わりますが、アラック、陸上競技をやっていましたので、毎日、
世界陸上に釘付けです。
もしかしたら、男子400MRが駄目なら、メダルも入賞も厳しいかもしれませんね。
選手の奮闘に期待します。
もちろん、全世界の全ての選手は全力で競技をしています、だからこそ、勝敗に
関係なく、一発勝負に賞賛の拍手をするのですね。

アラックの感動は、男子マラソンの川内選手の9位です。
彼は、定時制高校に勤務する公務員、実業団陸上部に所属するわけでも無く、
練習時間、場所、コーチ、栄養士、トレーナー、その一つも用意されていないで、
日本代表で走りました。
結果は、8位入賞まで三秒差でしたが、35Km~40Kmが全体で4位、最後の
2,195Kmhaトップタイムです。
賞賛に値します。
日本陸連は、アラックが知る限りは、彼には批判的でしたが、今回の終えて、
手のひらを返すように、引退を惜しむコメントを出しています。
陸連の、長距離のトップを引っ張る、W大学~SB食品時代に多くのマラソンで
優勝した、Sさんのコメントです。
私見なんですがね、彼は、既に時代錯誤だとアラックは思います、次世代のリーダーに引き継がないと、
東京オリンピックも同じ結果が待っているだけだと思います。
1964年の東京オリンピックは日本選手のメダルラッシュで終わりました。
しかし、その頃のメダリストが、母校などで准教授や教授で長年居座った結果は、芳しくなかったのが
事実です、世界は日々変わっているんです。
名選手=名指導者になったケースは少ないと思います。
もちろん、名選手=名指導者の例もあります。
でも、名声にあぐらをかいていては、次が育たないんです。
全く失礼な事を、さらに書いてしまいますが、男子のバレーボールは、松平監督のもとで、
ミュンヘン大会で見事、金メダルを獲得しました。
しかし、その12人のメンバーの何人かは、その後、男女の監督に就任しましたが、全く
結果を残していなかったと記憶しています。
選手時代の栄光=指導者としての栄光は違うんだと、スポーツの競技団体も認識しないと
未来は無いと思います。

2020年、全世界のアスリートに混じって、日本の選手が大活躍をする大会を願います。
そして、信じます。

アラック、スポーツ界の三流で終わってしまいましたので、偉そうな事を書いて、不愉快に思う
方々がいっぱいいるには当然かと思いますが、時代は変わっているんです。
ただ、走れでは、もう駄目なんです。
[PR]
by umi_bari | 2017-08-09 00:01 | 京都 | Trackback | Comments(60)