2018年 07月 04日 ( 1 )

トランバン・スラヤ

バリ島の2010年、その夜は、サヌールのマックの側の
テポット・サリ・ラウト・サヌールへ行きました。

e0367330_20443786.jpg


先ずはビンタンビールですよね。

e0367330_20451591.jpg


絶対に食べたいのは、空芯菜の炒め物です。

e0367330_2046593.jpg


シーフードが自慢のお店ですから、蟹や烏賊を食べたのですが、ピンボケで
載せられませんでした。
とにかく、ビンタンが進みましたね。

翌朝のサヌールビーチは天気が悪かったです。
遠景の高い建物は、バリ島初めての高級ホテルのグランドバリビーチホテルです。
今では、超高級ホテルが乱立していますので、普通のホテルになりました。

e0367330_20503362.jpg


通常は漁のために使うジュクン(舟)ですが、サヌールでは観光に使われています。
船主に、海の神様が描かれたジュクンは、近年は珍しくなってしましました。
寂しいですね。

e0367330_20524914.jpg


宿泊した、ガゼボコテージのプールです。

e0367330_2054526.jpg


e0367330_20543326.jpg


朝ご飯ですが、ホテルには付いているんですが、トランバンだったのかウブドだったのかな、
朝食のおまけに、ナシチャンプルーをブンクス(お弁当のお持ち帰り)をした画像が
残っていました。
脂紙を三角錐みたいに包んでくれるんですよ。

e0367330_20575078.jpg


e0367330_2058681.jpg


日本で言えば、幕の内弁当だと思ってくださいね。

さて、海を一枚載せます。
当然、前回と同じカメラとレンズ&ストロボの組み合わせです。
前回、書き忘れました、ハウジングはネクサスハウジングです。
アラックが、最も信頼するハウジングです。
社長さんは、アラックのことを、バグースさんと呼んでくれます。

e0367330_2115575.jpg


バリ島、トランバンから車で少し西のスラヤポイントでの撮影になります。
イイジマフクロウウニ(猛毒=刺されたら大変です。)に住む、コールマン
シュリンプです。
運よく、カップルでいてくれました。

この、スラヤポイント、もっともっと昔に、ダイブ&ダイブスの故殿塚
孝昌さんと潜った、大昔は何の施設もありませんでしたが、今はしっかりと
した、ダイビング施設やホテルも出来ています。
[PR]
by umi_bari | 2018-07-04 21:08 | バリ島 | Trackback | Comments(42)